fbpx

【毒舌独女】森ガールという生き方

森ガールって、一体ナニモノなんだ!?
何となくイマドキっぽいけど、私には判らない。

困った時は、とみ緒(仮名・当然女子)頼み。
彼女は私よりちょっとだけ若いので、流行をよく知っているだろう。

「あー、『もののけ姫』のサンみたいな女の子っすよ。クスクス」

なるほど。
じゃあ、アウトドアが好きな女の子なんだ。
私もアウトドア派だ。仲良くなれそう。
山に探しに行ってくるね。

って、元ガールしか居ないしっ!
シルバー世代の登山ブームに、終わりは無いとだけ判った。


おい、とみ緒。もっと判り易く教えろ。
「mixiの会員が言い出したみたいですよ。コレは本当

どれが嘘だったんだ…。


では、SNS日本最大手のmixiで「森ガール」と検索。直ぐ出てきた。
「森に住んでそうだね」と言われるファッションをしているのが、「森ガール」らしい。
へー。
彼女らの画像を見ていく。

なーんだ。
一時流行した、「オリーブ少女」の亜種じゃないか。
メルヘンの世界に憧れる女の子ファッション。
フワフワのヒラヒラだけでなく、何となく機能的なのがオリーブ少女との違いかな。

オリーブ少女は、雑誌『オリーブ』発の言葉だった。
森ガールはネット発というのが、当世風だなぁ。

当世風なのは、発生源だけに非ず。
ネット世界はマイノリティが集い易い環境で、それにより力を持つ者も現れる。
日陰者だったオタクをメジャーにのし上げた『電車男』も、その一部。

かつて、森ガールもマイノリティだった。

それまでは、ファッションカテゴリーのどこにも属せず、「不思議ちゃん」と呼ばれていた。
それがネットを使い、集団と化すことにより、新たなファッションカテゴリーを築いたのだ。
とても当世風。

ちなみに、「森ガール」の「森」は、実際の森を指してはいない。
空想世界の象徴として使われている。

他の森ガール用語で特筆するものは「北欧」。
何となくお洒落なモノは、「北欧」っぽい

実在の北欧諸国に関係が無くても、「北欧」っぽい
北欧諸国を、架空の国に仕立て上げている。
私にはそう感じられた。


夢見がちな永遠の女の子☆
三十路を越しても、四十路に突入しても、空想の世界でぽわーん
いつか「北欧」に行きたいな♪


こんな奇妙な人が、「森ガール」という言葉により、市民権を得てしまった。
私の身近にも居るかもね…。


自分ワールドに引きこもりがちだった、元不思議ちゃん。
仲間が居たことが嬉しいのか、とても活動的になっている。

カメラ片手に、るんるんお散歩。
少しでも「森」っぽいとピンときたら、激写!
それを、ブログやSNSのコミュニティに投稿。
一般人にその価値は判り難い創作写真を、森ガール同士で褒め合う。

何か、浮世離れしているね。

現実の森には、不法投棄された粗大ゴミがいっぱいなのに。
童話のような森は、もう日本には存在しない。
彼女らが好きな北欧の森は、酸性雨でボロボロ。

でも、森ガールは、そんなコトは気にしない。
身近な空想の「森」さえあれば良い。


実は、この生き方、とても現代にマッチしているのだ。
世知辛い昨今、いかにストレスから身を守るかが課題になっている。

彼女らは空想世界に身を置くことにより、外的圧力をかわす術を身に付けた。
小さな幸せの象徴でもある「森」は、心のシェルターとしての機能も果たす。

疲れたと感じたら、「森」を探してみてはどうだろう。
癒しは意外と近くに、沢山ある筈だ。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板