fbpx

【毒舌独女】ジュリエットの居ないロミオ

私は元彼に連絡したいと思わない。
終わった恋愛は、早々に成仏させる。

昔の恋人とコンタクトをとるだなんて、私にとっちゃあ幽霊と交信するようなモンだ。

一方、昔の恋人ほど良い相談相手は居ないと、断言する人も居る。
よく知った仲なので冷静なアドバイスを貰えたり、過去を振り返ることにより前進出来たり、
信頼関係が恋愛と別の方向で築けていれば、お互いにメリットがあるんだって。

でもね、相手に迷惑をかけないのが前提
迷惑をかけた時点で、ストーカー予備軍決定。

よーし、事例を出しちゃうぞ。
被害者は独友の香織(仮名)。
10年以上前に別れた元彼から、未だにメールが届く。
受信拒否しても、アドレスを変えても、繰り返される甘い言葉攻撃。すごい執念

ちなみに、フッたのは、相手の方。
香織に飽きたと言って、姿を消した。こんなツマラン女は居ないとまで言い放った。

なのに、寂しくなったら、
「香織の優しさに触れたい」だの「かすみ草って香織に似ているね」だの、浮かれたメールを寄越す。

既に香織には、情すら残っていないので、返信は一切していない。
届いたメールは全て、親しい友だち数人に転送
女子たちの酒の肴に。おほほ

こんな迷惑なメルヘンさん、そうそう居ないだろうと思っていた。
けれど、それは大間違い。世間は広い。
最近になって、自己陶酔に浸り切った「元」も含む恋人や伴侶からのメールを「ロミオメール」と呼ぶと知った。
巨大掲示板『2ちゃんねる』の生活板が発祥だろう。
まとめサイトや現行スレッドを眺めていると、想像していた以上に被害者が存在している。

香織の元彼を含む、「ロミオメール」を送る生物は、「ジュリエット」が居なくなっているのに気が付いていない。
現代のロミオたちは一人、闇に向かって愛を囁き、時には叫んでいるようだ。
色々とお気の毒な生物と言える。

暗闇にいても真実は見えやしないので、親切心から懐中電灯を差し出しても、スイッチを入れないのが、現代のロミオ。
現実は必要無いみたい。

でも、コッチは現実に生きてんだ
オマエは、妄想界の住人とだけで遊んでてくれ。
あ、妄想界にも友だちが居ないのか。だから、現実界に出張してきてんのね。ハイハイ

実際、現代のロミオたちには友だちが少ない
相手がどう感じているか、想像力が働かせられないから。
常識が通用せず、オレ様ルールのみ。こんなヤツと友情は続かないね。

なのに、ロックオンしたターゲットの連絡先は、どこからか仕入れてくる
不思議だ。
香織は何度もメルアドを変え、固定電話の番号も変えた。

それでも、メルヘンで哲学的なメールが届けられる。
時折、留守電にメッセージまで吹き込まれている。恐怖を覚えた。

そろそろ、香織の「ロミオ」には引退してもらおうかな。
十分、楽しませてもらったよ。
十分、立件出来る証拠も揃ったよ
これからは、お巡りさんと遊んでもらってね☆

サヨナラ、ロミオ。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板