fbpx

【毒舌独女】幸せに縛られた32歳アラサー女子

彼氏に冷たくされたからと、小学2年生の女の子を刺してしまった32歳女子がいる。

強烈な八つ当たりだ。

「以前見かけた、幸せそうな家族の子どもを狙った」と供述した。

コレ、他人事じゃ無いよ

道行くラブラブカップルやハッピーファミリーに、心の中で毒づいたコト、女子なら一度や二度はあるでしょ。
独友同士の話題にも、よく上るんじゃないの。

ただ、破壊したいまでは思わない。実行に移すなんて、とんでもない。

でも、実際にやってしまった女子が現れた。
幸せが憎い、手に入らないなら壊してしまえと。

事件は2010年5月17日午後3時ごろ、大阪市東住吉区の路上で起きた。
下校途中の女児が、友だちと別れた直後、出刃包丁を持った女に滅多刺しにされる。
内臓まで達した傷もあったそうだ。

事件発生3時間前から、女は女児を待っていた。電柱に話し掛けながら

そう、彼女は心神耗弱状態だったのだ。殺人未遂で逮捕、送検されたが、不起訴になった。

今後、鑑定入院をし、通院か入院かが決まる。
これだけ惨い他害を起こしたのだから、閉鎖病棟に入院だろう。
刑に服す代わりに、病気の治療を施される。

元々は真面目でおとなしい性格だという彼女が、正気に戻った時、何を思うか。
彼女は、看護師だった。
子どもの頃からの夢が叶い、命の大切さを知る職業に就いていた。

それなのに、人を殺そうとした。これに気付いたら、どうなるのだ。
再び、狂気の世界に身を置きたいと願うだろう。
恐らく一生、妄想と現実の狭間で揺れ動いていく。

一見、病気が引き起こした事件のようだが、私はそうは思わない。
彼女の中の「幸せ観」が原因だと考えている。

同じ病気に罹患していても、こんな凶行に及ぶ患者は殆ど居ない。
自らを殺す患者が圧倒的だ。

もう一度、記す。
病気が殺人未遂事件を起こしたのでは無い
彼女自身のストレスが女児に刃を向けさせた。

彼女のストレス要因は、結婚だ。
事件直前に、両親から交際男性との結婚を反対されている。
その後、その彼氏は彼女と距離を置いた。それが、冷たいと感じさせたのだろう。

「彼の子どもを生みたかった」とも供述した彼女の幸せ観は、至極シンプル。
現代ではファンタジーと化している「幸せ」、良妻賢母に憧れた。
結婚+子ども+家庭=幸せ、この公式が崩れた瞬間、彼女は完全に壊れた。

思い描いた未来が消え、新たな構想が練られない。
焦りや不安、怒りが入り混じった感情をどこに持っていけば良いのか、判らなくなったのでは。

その感情を向ける相手を間違った。
何の罪も無い女児を傷付けるだなんて、理不尽極まりない

ねぇ、彼女と同じ「幸せ観」を持っている女子って、多いんじゃないの。

割とリベラルになってきているものの、古い「家」というモノに無意識下で縛られている。
縛られたいと、どこかで願っているかも知れない。

自分の胸に手を当てて考えてみて欲しい。
あなたにとって「幸せ」とは何か。
その「幸せ」が崩れた時、あなたはどうするか。

この事件は、他人事じゃ無い
ボタンの掛け違いで、あなたも、私も起こし得る事件。

被害女児の心と体の傷が、早く癒えるよう切に祈っている。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板