fbpx

【毒舌独女】伝説のロックスター、押尾学

ある意味、夢を全て叶えた人、押尾学

人気アイドルと映画で共演、メンバーと「懇意」に。
その後、女優、タレントと流した浮名は数知れず。

俳優業だけに留まる器じゃないのが、押尾学

ギターを弾き鳴らし、舞台でシャウト。
女からの黄色い歓声に、男からの嫉妬の眼差し。

「よく見る夢がある。俺自身がスターになった夢。正夢だけど。 (押尾学語録より)

スターは私生活も充実。ドラマで共演した清純派女優とゴールイン。愛の結晶も誕生した。
斯くして押尾学は、全世界の中学男子が憧れる夢、全てを手に入れたのだった。

いやあ。マジで、これほど中二病症状を現実に持ち込めた人って居ないね。
それは凄い。でも、近寄りたくない。


少しだけ、押尾学に思いを馳せる。少しだけ、可哀想になった。

彼は元々、芸能人向きでは無い。感情をあらわにし過ぎる。
ある程度は自己を滅する術を身に付けていないと、スタッフや共演者と軋轢が生じる。

芸能人も私のような芸人も、自己主張の激しい人種ばかり。
だからこそ、礼儀を重んじ、なんとか和を保つ。

押尾学は、それを覚えようとしなかったように思える。
彼なりに努力はしただろう。けど、足りない。「オレ様至上主義」に見られたらダメ。


もう少し、押尾学に思いを馳せてみる。ますます、可哀想になった。

少々オツムの弱い彼を、周囲が面白がり、祭り上げたように感じられてきた。
あのレベルのバカは掃いて捨てる程、この世に存在していても、ルックスが良いのはレア。

イケメンなのにイタイというギャップが、彼をある意味「スター」にさせた。

そのギャップが売れると判れば、「販売戦術」として使う俳優も現れる。
俳優なのだから演じるのはお手の物。押尾学よりも優れた「ギャップイケメン」を作る。

時にして、天然モノより養殖モノが美味しい場合がある

養殖「ギャップイケメン」は普段は普通の人なので、ちゃんとマナーを守れる。モラルも大切にする。

どっちが使いやすいって、そりゃ養殖モノでしょ。
天然の珍獣は飼育が難しいと、哀れ、押尾学はお払い箱へ。

後は周知のコト。
メッキは剥げ、頭もちょいと禿げ、この珍妙な人の中身は、自己愛と幼児性の塊とバレた。

彼が拘置所内で書いたとされる『獄中ノート』の一部を目にした。

最初の感想は、すごく字が汚い
販売目的で書いただろうに、読めなかったら意味が無いのではないだろうか。
今度は買った人に詐欺罪で訴えられたりして。

次に、内容についての感想。
相変わらずの「押尾節」に加え、言葉のサラダ風味が加わっている。
熟練のプロじゃないと解けないんじゃないかな。かなり意味不明。

私なりに解読してみた。いくら探しても、他人を思いやる言葉は見つからない。

支えてくれている人への感謝の気持ちも薄い。

何より、薬物使用を罪と捉えてない点が、一番救いようが無い。
どうして、逮捕されたのか理解出来ないらしい。その押尾学を、私は理解出来ない。

今はまだ、お金が集まる気配がするから、人も集まってくれる。
それはいつまでも続かない。

もう、彼は終わりだ。押尾学はそう遠くない日に、一人ぼっちになってしまうだろう。
気の毒だけど、自分で蒔いた種。合掌。

ハッ!

「終わりなんてこない。俺はずっと伝説を生きている」 (『押尾学語録』より)

うがあぁ…。
そろそろ終わりにした方が、身の為だと思うよ。
Bプランの発動でもすんのかな。

伝説はもう少し続きそうだ。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板