fbpx

【毒舌独女】小沢ガールズの危機

森喜郎元首相が、女性候補を擁立する動きがある。
そう感じたのは、「森ガール」という言葉が聞こえ始めたからだ。
これは、「小泉チルドレン」と同種のものであろう。

一年程、森元首相の動向に注目していた。
しかし、目立ったアクションが全く無い。
後発の「小沢ガールズ」に、話題を掻っ攫われている。

どうした、森さん!
私の愛する大阪を「痰壺」と言い放った、あの勢いをもう一度!
さあ、「森ガール」を使って、戦うのです!



とても大きな勘違いをしていた。恥ずかしい。
でも、同じ間違いをしていた人物を、もう一人見つけたので、ちょっと嬉しい。(ぽん太・仮名・当然女子)

ああ、本当に「森ガール」が森喜郎元首相の子飼いの娘達だったらなぁ。

畑仕事をしている所、悪代官にさらわれ、ヨカラヌ企みに乗せられちゃったっぽい「小沢ガールズ」
これに対抗出来るのは、「森ガール」しか居なかった。

悪代官といえば、小沢一郎か森喜郎、この双璧を破る存命中の政治家は思いつかない。
(居たら教えてください)


「小沢ガールズ」のボスである小沢センセイのイメージカラーは、ジェットブラック。
和名は漆黒

しかし、彼女らには真逆のイメージを植え付けようと必死なのが、2009年の選挙戦で見て取れた。
何だかファンシーな色合いに、全てのガールズを包んだのだ。

殆どの候補者は「元ガール」なのに、口紅はピンクで統一。
一体、どこのメーカーから提供されたのか、とても高保潤。ちょっと欲しくなるツヤツヤ感。

服はパステルカラーを基調としていた。
選挙ポスターに写る表情は、柔らかいお母さん笑顔。

母の日に口紅を贈ろう!って宣伝かと思った。
あれにカーネーションが添えられていたら、完璧だ。あの高保潤口紅、バカ売れ間違い無し。


一方、対抗馬となる筈の自民党ファッションは、ケバい
強い女を演出しようとして、すこーし失敗したみたい。

ルージュはレッド、しかもマット。濃い色のスーツに、がっちり固めたヘアスタイル。
ぎゅーっと引いたアイラインは、女の涙を隠す為
一体、どこの夜の蝶だ。


ファッション戦略の成否が、命運を分けたと私は考えている。
投票者は、親しみやすい色合いを選んだから。

選挙は政治家だけの戦いじゃない、各種コーディネーター達の戦いでもある。
それを教えてくれた2009年衆議院議員総選挙。

もしかすると、「森ガール」なら自民党は勝てていたかも知れない。残念だね。

これから約一年後、自民党だけでなく、民主党も残念な展開になってしまった。

せっかく「小沢ガールズ」という腰元を集めた、悪代官沢一郎センセイ。
ナンと、強制起訴に…。

山吹色のお菓子の食べすぎですか?

これでは、高保潤のお母さん議員達が路頭に迷ってしまう。
これから「元ガール」の「ガールズ」はどうなってしまうのだ。

悪代官の存在あってこそ、ファンシーな服装も、作り笑顔も、ピンクの口紅さえも許されていた。
これからは、そうはいかない。
空中分解する前に、お願いがある。後生の頼みだ。聞いてくれ。


その口紅、どこのメーカーなのか教えて☆

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板