fbpx

【毒舌独女】市橋達也被告の十字架

「私は悪でした」と手紙に綴った男。

その男は、とてつもなく大きな罪を犯した。

「悪」という一文字では済まされない。
けれど、他の文字は浮かばない。

彼は悪だ。

その彼とは、市橋達也被告を指す。
彼は、2007年3月千葉県市原市の自宅で、当時22歳の英国人英会話女性講師を強姦の上、殺害。死体はベランダのバスタブに遺棄した。

冒頭の「私は悪でした」で始まる手紙は、被害者のご遺族に宛てて書かれたものだ。
受け取りは拒否された。

市橋被告は死体遺棄、並びに殺人、強姦致死の罪で起訴、現在は公判準備が行われている。

何とも不思議な罪状
亡くなったのは一人であるにも関わらず、殺人と強姦致死、二つの「死亡」事件のよう

これは、市橋被告の一つの行為が二つの罪に問えると検察が認めたからだ。観念的競合という。
私は強姦を精神の殺人と捉えているので、この罪状に違和感は無い。


刑法で問える罪は、現時点では以上。
これだけでしか裁けない現状に、苛立ちを覚える。


亡くなったのは、遠く英国から日本にやって来た女性。
日本人に英語を教えたいというを叶えに、海を渡った。

希望に溢れていても、異国での暮らしは、心細いもの。
病気になったら、犯罪に合ったら、どうすればいいのか判らない。

言葉を知っていても、風習や習慣を覚えるまで時間がかかる。
覚えられても、使いこなせるまで、更に時間がかかる。

被害女性の日本滞在期間は、わずか半年足らず。寂しさや不安は、大きかっただろう。
母国のご家族の心配も大きかっただろう


私は一ヶ月ほどだが、アメリカで過ごしたことがある。この心細さを、経験した。
妹は一年、海外留学をしていた。日本で待つ間、離れて暮らす彼女の無事ばかり祈っていた。

だからこそ、被害女性の無念、ご遺族の悲痛な思いが、胸に刺さる
刺さって抜けない。

こういう理由で、私はこの事件に深い思い入れがある。

しかし、そうでは無い連中も存在した。
市橋被告の逮捕直後、にわかに湧いてでた市橋被告のファン「イッチーギャル」だ。
逃亡犯に対し、異常なまでの好意を寄せた。

犯罪者に己の反社会的欲求を投影し、大々的に公表する彼女らの愚かさに吐き気を覚えた。

中には更生させたいと考えたヤツも居たみたいだが、オマエさんらには無理

技術的な面だけでなく、物理的な面でも難しい。

まず、弁護士以外と接見が出来ない。

市橋被告の更生を心から願っている、彼の大学時代の恩師、本山直樹氏でさえ、会えないのだ。

本山氏は、逮捕前、テレビで自首を呼びかけていた。ネットでも呼びかけていた。
元教え子の犯行に、とても胸を痛めている。

教育者として元教え子を支えようと、『市橋達也君の適正な裁判を支援する会』を立ち上げた。
これは、無罪を信じてのものでは無い

逮捕前からの偏った報道により、裁判員裁判にかけられる市橋被告が不利にならないよう、私選弁護人を付ける為、調査費用の為に設立された。
公正な裁きを受けさせ、相応の罪を償わせる為だ。

氏が執筆されているブログを読んだ。
愛に溢れた言葉が、そこにあった。思わず、涙した。


市橋被告の罪は、刑法によって裁かれるものだけでは無い。
彼を慈しみ、信じ、大切にしてくれた人に与えた痛み、これらも大きな罪だ


「私は死ぬまで、罪の十字架を背負っていくつもりだ」
(市橋被告、ご遺族への手紙から抜粋)

その十字架に、自分の両親や恩師の悲しみは含まれているのだろうか。
周囲に及ぼした影響は含まれているのだろうか。

これらが理解出来なければ、真の更生は叶わない。


2010年11月10日で、市橋被告逮捕から丸一年。
彼は今、何を思う

初公判は来年にも行われる。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板