fbpx

【毒舌独女】尊敬する倉田真由美センセイ

恋人からの酷い仕打ち。

浮気、暴力、借金、そして嘘。

こんな辛い経験、一人では抱えきれない。

そんな時、受け止めてくれる人が居る。

しかも、エピソードをマンガにしてくれる。

何て素晴らしい人なんだろう、くらたまセンセイこと、倉田真由美センセイは。

傷ついた女の子たちは、せっせとお手紙を綴る。
「くらたまセンセイ、こんな酷い目に合いました☆」

これが代表作『だめんず・うぉ~か~』連載開始当初からの、ネタ集めの方法。何とも効率的
他人のふんどしで相撲を取るのが、大変お上手。

普通の失恋話を、普通の悪口で描くのが、大作家センセイのスタイル
解決策も無く、救いも無いのが、よりリアル

加害者へのせめてもの情けなのだろう、エピソードは深く掘り下げない。


ストレートな罵詈雑言は、判りやすさを追求した結果だ。
大作家センセイなのに、一般女性と同じ目線と語彙力で、とても親近感が湧く。


親近感は目線だけでなく、絵柄もそう。

あたかも幼女が描いたが如く、何とも愛らしい素朴な作風。
効率を重視してか、背景は殆ど描いておられない。
書き文字も、ワザと汚く書き、親近感アップに貢献している。


作品の中でご自分を「ブス」だの「デブ」だのと蔑んでおられても、実際はお綺麗な人だよ。
「元」が付くのが、少し残念なだけで。

そういえば、「元」旦那サマをもネタにされておられた。
ご自身の息子さんの父親を、バッサリだめ男と言い切る歯切れの良さ。
とても真似の出来ない芸当だ。私なら、子どもの将来を考えてしまう。小者だな、私って。


漫画家のみならず、テレビでパーソナリティとしてもご活躍。
マンガと同じく、ストレートで判りやすい罵詈雑言で、男どもを滅多切り。
きっとこれが、一般女性に届きやすい方法なんだ。勉強になる。


提供されるネタだけばかりが、くらたまセンセイの作品に非ず。

自らネタを作るべく、略奪愛で授かったお子さんを、昨年の十一月にご出産。
おめでとうございます。

あれ?何となくデジャブ

過去の作品の中で、同じようなシチュエーションがあったような…。
不倫で傷ついた女の子をよしよしと慰め、相手の男を叩きのめす言葉を吐いておられた。

ヤリ○ンとか。

それは私の記憶違いかも知れない。
常に被害者の味方のくらたまセンセイが、加害者に回るだなんて信じられない

いやいや、人生経験としてあえて茨の道を行かれたに違いない。
または、身をもって「恋は盲目」の危険性を教えてくださるおつもりなのだ。

現在は入籍済みの旦那サマは、女性遍歴がとても華やか。離婚は今の所、3回ご経験。

「オマエが最後の女」
と旦那サマはおっしゃったらしいが、浮気男のこのセリフは嘘八百と、十分ご承知の筈。

まさか、くらたまセンセイともあろう御方が、この言葉を信じていらっしゃるとは到底思えない。
今度は離婚をネタにする際の布石と見た。


さすがだなぁ、くらたまセンセイ。抜かりが無い。

旦那サマもこんなトコに惹かれたのかな。お金の臭いにつられたんじゃ無いよね。
経営する会社が倒産して、負債総額3億円みたいだけど。


太っ腹なくらたまセンセイは、旦那サマの元奥サマから慰謝料請求されても大丈夫。
調停でなく、民事裁判になったのは、これもネタにするおつもりなのだ。

ネタとは不幸

これに困らないのは、それだけ人徳があるから。
本当に素敵な人だな、倉田真由美センセイは。反面教師にさせてもらおう。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板