fbpx

【毒舌独女】ひんむかれた海老蔵の身の振り方

一つ、人の世の生き血をすすり

二つ、不埒な悪行三昧

三つ、醜い浮世の鬼を退治てくれよう!

てえぇい! バサッ バサバサバサ







なんちゃって。
こんな口上を述べながら、斬っていきたいもんだ。

これは、ドラマ『桃太郎侍』の口上。

昨年末からの市川海老蔵騒動を見ている間、ずっと頭の中を駆け巡っていた。

双方言い分があるだろうに、何故か、悪人の申し開きばかりを報道していたから。

悪を成敗!とばかりに、悪人が海老蔵の所業を述べる。
おかしいね。

海老蔵をボコった元暴走族というのは、愚連隊・関東連合に入っている、現役のワル。
生き血をすすっているのも、悪行三昧なのも、関東連合。海老蔵では無い。

彼らが証言した、海老蔵がしたとされる灰皿テキーラやチョーパン(頭突き)は、実の所、暴走族がよくやる手口。

特に、灰皿何々と呼ばれるモノは、暴走族の中で度胸試しの要素がある。
なので、一般人の海老蔵がするとは思えない。

報道する側も、それは知っている筈。
なのに、海老蔵が加害者のように報道をし続けた。

これじゃあ、無念の内に命を落とした、市川海老蔵は浮かばれない

あ、まだ生きてるか。
俳優生命は終わったも等しいけど。

舞台は中止、CMは打ち切り、どこに行っても悪意むき出しの報道陣。
今までの悪行を色んな人にバラされて、ファンも徐々に離れていった。

気の毒だねぇ。

ああ、お気の毒

いやあ、あれ程、業界内で嫌われている人も珍しいよ。

無茶苦茶嫌われているのに、仕事が途切れない人も珍しい。
偉い人には、ちゃんとゴマをすれるだけの賢さはあるらしい。

業界の片隅に居る私の耳にも、彼の蛮行は届いていた。
酒癖の悪さは勿論の事、楽屋での態度の悪さ、共演者への配慮の無さも聞いている。

同じコトを、講談師や落語家がしたら、即破門。
師匠がいる全ての芸人、役者でも同じだろう。

でも、成田屋のお坊ちゃまなので、オールオッケー。
うらやましい。私も、もっと無茶がしたいよ

が、彼と同じ境遇にはなりたくない。
未来の團十郎、成田屋の看板を背負っていく御仁、そんなプレッシャーはかけられたくない。

プレッシャーといっても、「がんばれ!」レベルのプレッシャーでは無い。
日本歌舞伎界を牽引せねばならない、使命を負わされている。

そのプレッシャーに打ち勝つだけのメンタルトレーニングは受けていなかった模様。
結果が、酒乱や人間国宝発言

バカだね。

心の底から可哀想になるバカだ。

サラブレッドと持て囃されたとしても、謙虚で強い心を持ってこそ、血統は光り輝く。

また、光り輝かせてくれるのは、自分一人の力だけでは無い。

歌舞伎は講談と並ぶ、400年以上の歴史を持つ、数少ない現役の芸能だ。
沢山の人に支えられ、生き残ってきた。

支えられると、もたれ掛かるは別モノ。
いくら力持ちでも、常にもたれ掛かられていては、いつかは潰れてしまう。

過去から現在まで、多くの人と支え合ってきたからこそ、歌舞伎という芸能は存在している。

今、市川海老蔵と名乗れるのは、誰のお陰なのか、考えたことはあるのだろうか。

本物の人間国宝、尾上菊五郎師は海老蔵騒動のインタビューの際、以下のように述べた。

「歌舞伎役者の名前は自分のものではない。ご先祖さまから受け継いでいるもの。役者は芸にしっかり精進するだけだ」(2010年12月13日インタビュー)

海老蔵は、伝統芸能に携わる者として、大きな罪を犯した。
灰皿テキーラやチョーパンどころでは無い。

ご先祖様、先人の墓標に泥を塗ってしまった。

この泥を拭えるのは、彼自身。
そして、彼の心に巣食う醜い鬼を退治出来るのも、彼自身。

退治が叶わないのであれば、二度と、伝統芸能、歌舞伎の世界に戻るなかれ

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ