fbpx

【毒舌独女】ハンカチ王子、斎藤佑樹の行く末

2006年夏の甲子園から続く、「佑ちゃんフィーバー」は、留まることを知らない。

丹精な顔立ちに清潔感あふれるスタイル。
早稲田卒の礼儀正しい好青年。

そんな佑ちゃんに、イニシエ乙女たちはメロメロ。

斎藤佑樹を、ヨン様氷川きよしと見詰めるのと同じような眼差しで見詰め、
ちょっとしゃがれた黄色い声で応援をする。

ファンが増えれば増える程、アンチも沸いてくるのが、人気者の定め。

……私はどちらかというと、アンチ寄り。

だって、スポーツ選手なのに、男臭さが足りないじゃない。
妙な清潔感が、何か不気味。

ハンカチで汗を拭う余裕があるなら、もっと闘志を見せろよ、と言いたくなる。

それに、言動がいちいち計算されていそう
イマドキのヤングっぽく無い。

2010年の新語・流行語大賞に選ばれた、早慶優勝決定戦でのヒーローインタビューは最たるものだ。

「いろんな人から斎藤は何か持ってると言われ続けてきました。
今日、何を持っているのか確信しました。それは、仲間です
(2010年11月3日)

ケッ

一昔前の青春ドラマのセリフみたい。
お尻がむず痒くなるわ。

こう言うとイニシエ乙女たちにウケると判っていて、わざとやっている印象を受ける。
何でも計算、スマートにやってのける、こういうタイプは私の好みじゃ無い。

あと、何か勘違いしてないか、というコメントも出している。

北海道日本ハムファイターズに入団が決定し、東京ヤクルトスワローズとの練習試合前のインタビューで、こう言った。

打たれて学びたいなという部分もある」(2月17日インタビュー)

おい。何、抜かしとんねん。
これが芸人なら、「舞台ですべって学びたい」と言っているようなモン。

すべるのを前提に舞台に立つバカは、いない。
すべらないよう、当日までしっかりお稽古を積んでこそ、プロの芸人。

これは、野球選手であっても同じ。
基本中の基本だ。

いくら「学びたい」という言葉を使ったとしても、新人が言うことじゃあ無い

もしかすると、

打たれた時の言い訳の為、先手を打ったのかも知れないが、それでも言うべきことでは無い。

あー、可愛くない、可愛くない

しかし、彼が打ち立てたアマチュア野球での功績は、認めざるを得ない

また、それまで野球に関心の無かった層を球場に足を運ばせる集客力も、素晴らしい。

人が動くということは、お金も動くという意味
彼にそれだけの経済効果があるからこそ、マスコミもこぞって彼を持ち上げる。

気になるのは、プロ野球選手・斎藤佑樹が「金にならない」と判断された時。

恐らく、マスコミは手のひらを返したように、彼を叩くだろう。
ファン離れが加速するような報道もする筈。

報道もビジネスの一つ
経済効果が薄いモノに対し、報道はなさない。

斎藤佑樹が潰れたら、彼に代わるスターを見つけてくる。

そうなった時、彼がどうなってしまうのか、少し心配だ。

彼の扱いは、普通のルーキーとは違う。
10勝して当たり前、新人賞も取って当たり前、という風潮。

それだけの実力があるかは関係ナシ

期待に添えと言わんばかりの報道と、イニシエ乙女たちの応援。

これは、あまりにも酷。

彼は、ただの一人の新人野球選手。
青春ドラマのスターに非ず。

そろそろ、彼を「スター」扱いするのは止めにし、普通の「プロ」の選手として見てやってはどうだろうか。

野球選手として、正当な評価を下してやるのが、彼の為である。
今のままでは実像の無い「ゴーストフィーバー」

実力を伴ってこそ、初めて、スター選手と呼ばれると、彼自身は当然のこと、イニシエ乙女も知るべきだ。

それが、日本プロ野球界を盛り上げることにも繫がるだろう。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ