fbpx

【毒舌独女】子役転落人生の加護亜依

子役の転落人生は、よくある話だ。

元モーニング娘。の加護亜依もその一人。

普通の子が中学・高校と通う時期、芸能界で光を浴び続けた。

光があれば、陰もあるのが当然で。
加護は未成年にも関わらず、陰で喫煙

これにより、一旦、表舞台より退く。

そろそろ復帰か、といわれていた頃、再び喫煙で御用。
しかも、パトロンのようなオッサンと温泉旅行にまで行っていた。

もうアイドルとしては使えないと判断され、ハロプロから除名。

それでも、「加護ちゃん」ブランドは健在で、新しい事務所に拾ってもらえる運びとなった。

しかし、不倫騒動やリストカットの告白など、倫理的に「アレ?」なことが続き、テレビ画面からフェードアウト。

倫理的に「アレ?」だけでなく、大衆の好みから外れたことも大きい。

大衆は、子どものままの「加護ちゃん」を欲していた
ミニモニやW(ダブルユー)の加護ちゃんを求めた。

大人になった彼女は必要ない。
これが、子役の悲劇

とりあえず、お気の毒。

加護はジャズシンガーに転向して、心機一転を図ろうとしたが、成功とはいえない成績。
現在の仕事は、パチンコ屋での営業周りがほとんどらしい。

不況の昨今、仕事があるだけマシだわな。

所が、加護は事務所が斡旋した仕事をドタキャンしまくっているという。
営業周りがお嫌らしい。

贅沢な。

更に、所属事務所との契約期間が残っているにも関わらず、独立しようとまで。

加護にそこまでさせているのは、今月6日に恐喝未遂で逮捕された安藤陽彦(44歳)だと言われている。

この安藤容疑者、「あー、善人とは言い難いね」という感じの人物。
恐喝の内容も、借金を踏み倒す為に、「オレは山口組の組長と知り合いだ!」などと抜かした。

一言で述べるなら、ロクでなし

だか、加護にとっては、自分を尊重してくれる人。
仕事をすっぽかしても良いと言ってくれる人。

その人が逮捕され、自分を守ってくれる人がいなくなった加護は、自殺未遂を起こす。
大量の精神安定剤を服用し、手首を刃物で切りつけた。

幸い、大事に至らなかったが、彼女の社会的信用は完全に地に堕ちた

まず、自殺をしてはいけないという一般的倫理観を破ったこと。
それから、医師との約束、処方された薬は正しく服用する、を破った。

また、社会人としてあるまじき行為、仕事のドタキャンも明るみになった。

安藤容疑者に恐喝を受けた被害者は、「元モーニング娘。の加護亜依さんのパートナーだから」とお金を貸したと述べている。
未だ「加護ちゃん」ブランドが残っていたのに、それも裏切った。

まぁ、不倫に溺れ、裁判にまで発展した加護にとって、社会通念やマナー、モラルなどは関係ないのだろう。

未成年喫煙を甘く見た、当時の所属事務所の指導ミスともいえる。

簡単な約束が守れない人物に育てた親と、モー娘。時代の所属事務所の責任は大きい。

喫煙から始まった、加護のアンモラルな生活
周囲の大人は、毅然とした態度で臨むべきだった。

喫煙で謹慎なんて生温い。
引退をさせても良いぐらいの所業だ。
引退させるのも、愛情だ。

小学生や中学生に人気のあったアイドルだけに、そのような対処をしなかった事務所にはガッカリした。

ハタチを過ぎれば自己責任であるが、加護の場合、子役という特殊な環境にあった為、周囲のサポートが普通の子よりも必要だった

それを怠り、子役マネーを貪る大人には嫌悪感を抱く。

現在も子役で人気者が多い。

今は良くても、十年後、二十年後、加護と同じ道を辿るかも知れない。
そう思うと、彼らの演技や芸を微笑ましくは観ていられない。

いくらシッカリしていても、子どもは子ども。
大人が守って当たり前の存在。

それを忘れてはならない。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ