fbpx

【毒舌独女】五輪出場断念おめでとう、猫ひろし

念じてみるものである。

先月、『お願いだから五輪代表辞退してくれ、猫ひろし』という記事を書いた。

それが、現実となった。うほほ

厳密には辞退ではなく、国際陸連から「アンタに出場資格はありません」って突きつけられたんだけどさ。

これで、日本の恥を世界中に撒き散らすことは無くなったし、純カンボジア人選手もオリンピックに出場が叶う。
めでたし、めでたし。

と思ったら、猫ひろしめ、あろうことか、5月12日の記者会見で、4年後のリオデジャネイロを目指すと抜かしやがった。

素人ランナーに毛の生えたようなタイムの猫ひろし
実力で、オリンピック基準のタイムを叩きだせようか。

まだ、カンボジア人選手から特別救済枠を奪おうとしている姿勢に、心底むかっ腹が立った。

夢を持つことは構わない。

しかし、誰かを踏み台にしなければならない夢を、夢を売る商売の芸人が口にするのは如何なものか。

ただ、考えようによっては、この発言と猫ひろしの存在が、カンボジア陸上にとってプラスに働く可能性を秘めている。

練習環境が整った猫ひろしに、何とか勝ってやろうとハングリー精神を剥き出しに頑張る選手が出てくるかも知れない。

途上国の選手とは思えないようなタイムを打ち出す選手が。

それで注目され、日本のスポンサーが付くことだってある。
スポンサーが付けば、練習環境も改善され、もっと良いタイムが出るようになる。

陸上だけでなく、観光の面でもプラスになる可能性が

ぶっちゃけ、私はそれ程、カンボジアに興味なんて無かった。
でも、この猫ひろし問題で、学生時代以降初めてカンボジアについて調べた。

いやぁ、世界遺産であるアンコール・ワットに行きたくなったね。
熱帯の自然にも包まれたいね。
けど、直ぐには行けないから、手始めに、近所のカンボジア料理の店に行こうかな。

こんなコト、考えちゃってる。
カンボジア料理の店、終日禁煙だから避けていたのに、行こうって思っちゃってるのよ!

魅力溢れる国なのに、イマイチ日本での認知度が低かったカンボジア。
それを一気に身近にさせたのは、他でもない、猫ひろし。
これだけは、ヤツの功績だ。

今後もスポーツを通じて、継続的にカンボジアの「今」をレポートしてくれるなら、より良い。
日本人がカンボジアに好意を抱けば、猫ひろしに対するカンボジアでの風当たりも柔らかくなるだろう。

けど、猫ひろしも、その取り巻きやバックも、そんなコトは考えていないと確信している。
目先の利益だけを求めたからこそ、現地の人と仲良くなる前に帰化。

クメール語は話せない、カンボジアの歴史も知らない、プノンペンでの自宅も無い有様。
帰化する国に敬意を払えないって、どうよ?

ただひたすら、カンボジアという国と、国際的祭典・オリンピックを利用しようとした。
金儲けの為だけに

これからも、その姿勢は崩さないと、私は見ている。
真性のクズ共だ

バックも大体の見当が付けられている。
そのバックの連中は、それなりに知恵もあり、金も手にしている。

コイツらの刺激と新たな資金源に目を付けられたのが、猫ひろし。
知恵のある連中からしてみたら、何とも愚かで操りやすい人形。

愚かしい猫ひろしは、連中が命じるがままに間抜けに踊る
踊った結果、親や妻子と国籍が別々になってしまった。

また、これから国際大会に出るならば、最低1年はカンボジアに住まなくてはならない。
恐らく、家族離れ離れになる。

猫ひろしの娘は、1歳とちょっと。
日に日に成長する娘と離れる覚悟で、4年後を目指すと宣言したのか疑問が残る。

あー、そんなコト、バックの連中に教えてもらってないかも。
猫ひろし、自分で調べるなんかしなさそうだし。

結末がどうなるのか気になるところだが、すぐにメディアからフェードアウトだろう。
ご愁傷様

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板