fbpx

【毒舌独女】美元がお姫様になりたいって思っちゃいけないの?

子どもの頃、西洋のおとぎ話のお姫様に憧れたことはないだろうか。

どんな辛い目に合っても、最後は王子様が助けに来てくれ、ハッピーエンド。

お姫様は王子様と、末永く幸せに暮らしましたとさ。

いつか、アタシにも王子様が現れるかも知れない♪
うふふ♪


大人になって現実を知る。
ある程度、妥協しないと「王子様」には出会えないと

それでも、ちょっぴり期待をしている、女子の私やオマエら。

もし、目の前に理想通りの王子様が現れたら、どうする?
「もし」の話だけどさ、見た目も財力も性格も万点な王子様。

頑張って落とそうとしない?
自分がお姫様になれるチャンスだよ?
私なら全力投球するね。

相手の好みを徹底リサーチ&分析。
夢中になってくれるまで、相手の理想の女を演じる

こちらから「付き合って」とは言わない。
だって、お姫様は待つものなんだもーん。

「付き合って欲しい」と言ってきたら、8割がた幸せ人生設計完了。
返事は「付き合うなら、結婚を前提に…」と、生涯あなたオンリーワンを突きつける。

これで、向こうがOKを出したなら、婚約したも同然だよね。

相手がのぼせ上がっている間に、ロマンチックなムードを演出して、プロポーズをせざるを得ない状況をセッティング。
プロポーズを受けたら、即座に「Yes」。

そして、即行で婚約指輪&結婚指輪発注、双方親挨拶。
化けの皮が剥がれない内に、色んなコトを済ませちゃう

入籍してしまえば、全て完了。
晴れて、理想のお姫様に。

しかし、問題が。

おとぎ話のお姫様と王子様は、召使がいたから、二人はハッピーに暮らせた。
リアルで、召使なんていない。
家の中には、お姫様と王子様だけ。

どちらかが、召使にならなくてはいけないね

お姫様は考える。
自分が「お姫様」である為に、王子様を犠牲にしようと。

遂に、理想の王子様は、お姫様専属の召使となりましたとさ。
めでたし、めでたし。



というのが、今、世間を騒がせている、高嶋政伸と美元の離婚騒動の発端じゃないかな。

美元は無茶苦茶な女だと言われているけど、ただ、女としての欲望に素直なだけ。

高嶋政伸なんて、現代の王子様そのもの。

名家出身、容姿端麗、高収入、そして誠実真面目。
女が欲しい男の条件を、全て兼ね備えている。

美元だけじゃなく、何としてでもゲットしたい女は多かっただろう。

大勢の女の中で、最も優れた政伸落としのテクニックを持っていたのが美元。
お姫様になれるよう、努力した筈。運も強かった。

王子様を射止めたことで、お姫様に成り上がった美元は、正しくお姫様としての生活を送る。

自分の要求を通したい時は、元王子様の召使とケンカをすれば良い。
「これで機嫌が直るわよ、安いもんでしょ」と取引

取引で、どんどん欲しいものを手に入れていき、とうとう、お姫様は女王様に昇格。
一方、召使は度重なる取引に疲弊し、女王様の下を辞する。

これが、美元最大の誤算
婚姻を結べば、主従関係は絶対だと思っていたのに、手のひらを返された。

政伸は金を出すと言っていても、元王子様こと召使あっての、お姫様であり女王様。
彼が隣に居ないと、意味が無い

だからこそ、美元は必死になって離婚を阻止しようとしていると、私は見ている。

彼女の間違いは、舞い上がり過ぎたコト。
お姫様になれた喜びが、政伸への愛より勝っていた。

今までの生活がガラッと変わる世界の人と結婚すると、こんな展開になるんだね。
反面教師。

やっぱ、私は、身の丈に合った、無難な男が良いや。
王子様との結婚で舞い上がった結果、世間からフルボッコにされるのなんて嫌だもん。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板