fbpx

【毒舌独女】ベスト&ワースト出演者を発表!毒舌独女の見た第63回NHK紅白歌合戦

現在、人気があり、CDも売れているのは、AKB48と嵐だ。
それは理解している。

が、冠番組でもない紅白歌合戦に出ずっぱりなのは、私的にいただけない。

AKB48、オマエらのコトだ!

本出番以外に、五木ひろしのバックコーラス、伍代夏子のバックダンス、『歌で会いたい。』ドリームステージに出演。

出過ぎやろ!

上手くその場を盛り上げる力があるのなら、まだ良い。

しかし、全てにおいて、グダグダ。

特に、五木ひろしのバックコーラスにおいては、まるで場末のキャバレーで一人の金持ち客にたかるホステス集団のようだった。

前田敦子が加入していた頃は、ここまで下品でなかったように思える。

ブッチギリで、AKB48がワースト1である。

一方、姉妹グループのSKE48は大健闘。
フレッシュ溢れる舞台に、青春を感じた。

ももいろクローバーZも良かった。
どこが良かったかを語り始めると3時間ぐらいかかってしまうので、割愛。

他、意外に良かった出演者は、三代目J Soul Brothers。
歌唱もパフォーマンスも安定していて、エイベックス勢の中で断トツの上手さだった。

というか、他のエイベックス勢が酷い

・浜崎あゆみ:声の伸びも艶も消えている。パフォーマンスも劣化。
・倖田來未:衣装に品が無い。歌いだし等、いくつかミス。
・EXILE:ホスト風ボーカル(TAKAHIRO)がやる気なさそうに見えて、不快。
・AAA:空元気がイタい。

イタいといえば、NHKに小林幸子の身代わりド派手メガ衣装をさせられた、水森かおり

ちょうちん袖のピンクドレスで、演歌を熱唱。
曲が盛り上がるごとに、巨大化していく仕組み。

シャキーン!と変身完了すると、昔、テレビの上に乗っていたフランス人形のようなシルエットに。
でも、本体は水森かおり39歳

中途半端なババアのお姫様姿は、恐怖でしかない
自重しろ。

さて、悪口はここらでお休みにして、ベスト1の発表。

私の中では、文句なしで、美輪明宏の『ヨイトマケの唄』だ。

歌を含め、「芸」とは、観客の魂を震わせるものであると、多くの人に知らしめた。
技術と心が合わさってこそ、初めて胸を打つ。

美輪は戦中・戦後の貧しい時代を知る、生き証人。
また、長崎原爆も体験している。

この紅白のステージで美輪は、現代を生きる人に、「ヨイトマケ」という掛け声が、今の日本を作ったと教えた。

私はこれに加えて、「あなた達も、頑張りなさい」と励まされたように感じた。

不況に政権交代、領土問題など、不安定な日本社会。
今こそ再び、「ヨイトマケ」の精神が必要なのではないだろうか。

近年稀を見る、NHKのナイスチョイスであった。

まぁ、ナイスチョイスは、美輪明宏ぐらいかな。
大トリにSMAPを選んでいるぐらいだから。

彼らの登場時の立ち姿には、カリスマ性があった。
けど、歌い始めたらズコー。

曲自体は良いのにね。

私はSMAPが嫌いなのではない。
どちらかというと、好きな方だ。

その好きな部類の視聴者にとって、ズコーなパフォーマンスは残念としか言い様がない。

元々、歌が上手いグループでなかった上に、近年は歌唱力を要するメッセージ性の高い楽曲ばかりリリースしている。

何かもー、ちぐはぐで、見ていて辛い。

そろそろSMAPは、紅白を「勇退」すべき時期が訪れている。

比較的、甘い点を付ける私のような視聴者が「勇退」を勧めている内に、引いた方が絶対に良い。

NHKもSMAPを国民的スターと大切にするのであれば、酷い使い方をしてやってくれるな。
聴く方にとっても、舞台に立つ本人たちにとっても、罰ゲームでしかない。

一年の締めくくりには、上手い人の曲が聴きたいんだ。

頼むよ、NHK。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック