fbpx

「寂しい時は仕方ない」西川先生、矢口真里のラブラブ半同棲を擁護?

13日、女医の西川史子先生(42)が、都内で行われた生活習慣改善啓発イベントに登場。イベント後、報道陣の取材に応じた。

矢口擁護も「もう戻ってこれない」と決別

矢口真里の“間男”とのツーショット写真が一部週刊誌に掲載されたことを受けて、西川先生は「残念とか、周りのことを考えろと言う人もいるが、私はもうどうでもいいと思っている」とバッサリ。

「矢口は戻ってこれるか」という記者からの質問には「戻ってこれないんじゃないですか」と一蹴。バラエティ番組での共演も多かった2人だが、矢口についてはすでに見放した様子。

また「(矢口は)寂しかったのでは?」と彼女の心情を察する場面も。「寂しい時はおかしくなることもあるし、何かにすがりたくもなる。これは人として仕方がない」と擁護する場面もあった。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ