fbpx

【毒舌独女】第65回NHK紅白歌合戦を斬る!ワースト出演者は?

紅白2014毒舌独女

平成26年12月31日に開催された『第65回NHK紅白歌合戦』を、皆さんはご覧になっただろうか。

結果は、白組が紅組を5万票ほど引き離して、優勝。

そら、そうだわな。

ジャニーズが、6組も出演しているのだし、お茶の間のジャニヲタがこぞって投票するよ。

 

早速ながら、ワースト出演者の発表に移る。

栄えある(?)最悪の称号を与えられるのは、Sexy Zoneだ。

どういう訳だか、5人グループの筈なのに、キメキメの衣装なのは3人だけ

残りの2人は、バックダンサーのジュニアとほぼ同じ衣装。

これって、何て虐めよ?

公開処刑じゃん。

事務所内でゴタゴタがあるのかも知れないけれど、やはり、5人グループで出演するのであれば、衣装格差は無くし、仲良くパフォーマンスをしてもらいたかった。

彼らを取り巻く大人たちがクソという意味で、ワーストに決定。

 

あと、別の意味でのワーストも発表。

それは、氷川きよしだ。

元マネージャーを暴行し、書類送検されたのは記憶に新しい。

普通なら、謹慎期間を設け、「禊」を行う。

なのに、氷川きよしは、そんなものを嘲笑うかの如く、紅白連続出場。

NHKって、少しのスキャンダルでも嫌がる放送局だよね。

なのに、氷川きよしだけ特別って、どうよ。

私は、犯罪者のパフォーマンスを見るつもりはなかったので、氷川きよしの出演時は、お茶碗を洗っていた。

もうね、氷川きよしは演歌界の王子様じゃないのよ。

ただの暴力装置、犯罪者。

それを擁護したNHKがクソという意味で、氷川きよしもワーストに仲間入りである。

 

ワーストといえば、May.Jにも触れてあげた方が良いのかな。

アナ雪の特別枠があるのに、彼女の出演って、必要性あったのかしらね。

同じ『Let It Go』を歌うのでも、あとで本家本元のイディナ・メンゼルと比べられちゃうし。

いやあ、イディナ・メンゼルは、凄かった。曲の情景が目に浮かぶ。

さすが、トニー賞受賞女優。

神田沙也加も、しばらく見ないうちに、グッと上達し、今では一角のミュージカル女優だ。

母親である松田聖子が、モニターを眺め涙ぐんでいたのも、ただの親バカではない。

 

その松田聖子の隣で、泣きそうな顔をしていたのが、May.Jサン

気持ちは判る。

どう転んでも、今の彼女じゃ、イディナ・メンゼルに勝てやしない。

May.Jは下手な歌手ではない。

しかし、下手でないことにあぐらをかいて、楽曲の考察を疎かにしているのではないかと、今回の紅白を見て、私は感じた。

本来なら、エルサとアナが仲良く暮らしていく未来を見せる為の、エンディング曲。

曲で観客に映像を思い浮かばせる技術を携えてこそ、ミュージカル音楽のスタートに立てる。

May.Jは、スタートラインにまだ立っていない。

まぁ、彼女には、これを糧に、頑張ってもらいたいね。

 

彼女の心の中が最悪であったろうから、May.Jをワーストに入れた。

他にも書きたいことはあるけれど、文字数の関係で割愛。

今回の紅白の総評は、のっぺりとして、ツマランかった。こんな感じかな。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ