fbpx

【毒舌独女】堕ちたスーパーアイドル、元光GENJI山本淳一のクズっぷり

元光GENJI山本淳一

ヤングは、知っているだろうか。
ローラースケートを履き、歌い踊る、光GENJIというグループがあったのを。

とんでもない人気で、社会現象となったぐらい。
まだ、昭和だった時代のお話。

時は流れて、平成27年。
当時の光GENJIのメンバーの明暗は、クッキリと別れた。

「暗」のグループ、今、ホットなのは、バンジーの愛称で親しまれていた山本淳一で。
週刊文春(6月25日号)によると、結婚前の妻に3000万円以上たかったり、妻をソープに売りに出そうとしたりと、中々のクズっぷりを発揮している。

お金を渡しちゃったのは、バツ1のアラフォー女性。
娘の養育費として2000万円一括で前夫から貰ったものを、山本に貸してしまった。
ダメだねぇ……。

今度こそ、幸せになりたかったのだろうけど、お金を借りに来る男は、総じてクズよ
お金は生きていく上で必要なもの。
いわば、血液と同等。
それを、他人に依存するなんて、生きていく能力がありませんって、自らゲロしているようなもん。

っつか、返ってこないじゃん、男に貸したお金なんて

「結婚するから、他人じゃなくなるもん!」という言い訳が聞こえてきそうだけど、結婚するつもりなら、余計に貸しちゃダメだった。
そんな金銭的に不安が残る男とくっついて、幸せになれる筈がない。

結婚なんて、愛だけで続けていけるもんじゃないと、バツが付く時に学ばなかったのかね。

ただ、私は、このアラフォー女性を責められない。
彼女を狂わせたのは、光GENJIの幻影だと考えているから。

私と同年代の彼女は、私と同じく、テレビの前の光GENJIに夢中になっていた筈。
その光GENJIのメンバーを目の前にして、冷静でいられるだろうか。
恐らく、無理だ。

そんな感情を利用した山本淳一は、実に罪深い
本人は、過去の栄光を使って金儲け♪ぐらいにしか考えていないかも知れないけれど、その過去の栄光を作ってくれたのは、一体、誰よってハナシ。

一人で栄光は築けやしない。
他のメンバーやスタッフ、作曲家や作詞家、そしてファン。
これらが全部揃わなければ、光GENJIは、社会現象にも伝説にもならなかった。
それを、山本淳一は理解しているだろうか。

山本淳一が傷つけたのは、前述したアラフォー女性やファンだけでない。
多くの人が築き上げた「光GENJI」というブランドも傷つけた
まぁ、山本淳一が傷つける前に、赤坂晃が覚せい剤で逮捕という大きな傷をつけているけどね。

現在、山本淳一は、前述のアラフォー女性の元から飛び出している。
金銭問題についても、風俗で働かせようとしたことについても、謝罪の言葉はない模様
これは、いい年こいた社会人としてどうなのだろう。

山本淳一は、芸能界で再起を図りたいらしいが、その前にしなくてはならないことが多いのではないだろうか。
しかし、やらなくてはならないことに気付けるかは、文春のインタビューを読む限り期待出来ない。

小学生の頃、光GENJIが好きだっただけに、この状況は残念でならない。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
\ 恋愛の悩みを質問できる /
OK GIRL
気になる話題がまるわかり!
No.1女性掲示板「OK GIRL」
恋愛相談はコチラ