fbpx

キムタク主演映画『無限の住人』の大苦戦にネットで納得の声も

出典元:映画『無限の住人』オフィシャルサイト

興行通信社が2日に発表した4月29日・30日の映画観客動員ランキングによると、木村拓哉(44)主演の『無限の住人』(三池崇史監督)が6位だったことが分かった。(興行収入:約1億8900万円、観客動員数:約14万5000人)

『無限の住人』は4月28日に公開されたが、同日に公開された『ワイルド・スピード ICE BREAK』や、菅田将暉主演の『帝一の國』よりも順位を下回ったばかりか、公開3週目である『映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ』にも負けてしまう始末。

映画の興行成績は公開1週目がピークとなることが多いため、興行収入が最終的に10億円を下回る可能性も出てきている。

GWに時代劇は合わない?

「人気マンガ原作・三池監督・キムタク主演」とヒット要素が含まれていたにもかかわらず、予想に反した不振ぶりである。
これに対し、女性向けネット掲示板「ガールズちゃんねる」でも、木村が原因というよりも作品自体が悪く、仕方がなかったのではないかという意見が多数寄せられている。

「というか、他が強すぎる」
「主演が誰かっていうよりも、時代劇がディズニーやアニメに勝てるわけがない」
「キムタク関係なく主人公が誰であれ、この映画自体が面白くなさそう」
「三池崇史の作品は外れが多い」
「興収ヤバすぎって聴衆が気にすること?映画が面白いかどうかが問題だと思うけど」
「普通にファミリー向けが強いよね」

ちなみに1位が『美女と野獣』、2位が『名探偵コナン』といったファミリー向けの作品であるのに対し、『無限の住人』は「PG12」指定(小学生以下の鑑賞には、成人保護者の助言や指導が適当)。
ゴールデンウィークにはやはりファミリー向けの作品でなければ、上位は狙いにくいものと思われる。

主役のキムタクが戦犯?

今回の『無限の住人』についてはPRにかなり力を入れていたと思われ、宣伝のために木村自らが異例ともいえるほど多くの番組に出演していたが、それが露出過多となり裏目に出たという意見もある。
また、木村の主演映画というだけでは、さほど魅力的に感じないという意見も出てしまっている。

「役に入り込もうが、どうしても木村拓哉感が消えないんだよね」
「キムタクが主演て惹かれない……」
「木村さん嫌いじゃないけど、脇役や悪役は一生できない人だと思う」
「キムタクってドラマでは高視聴率作品多いけど、映画ではヒット作ないよね」
「プロモーションで奔走してたけど、思うような結果には結びついてない、これが現実。
キムタクはもはや、客寄せパンダじゃないんだよね」

『無限の住人』公開直後の3日には、木村が嵐の二宮和也(33)と来年公開予定の映画『検察側の罪人』で共演することが早くも報じられたが、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』、『無限の住人』と続き、さらに3連続で映画がコケるとなると、その後映画で主役を張ることは難しいと予想される。

果たして次回作は起死回生のヒットとなるか、大いに注目される。

文・真島リカ(まじま りか)

ライター / テレビ番組や芸能ニュースに関する記事を中心に執筆。朝昼のワイドショーはもちろん、ドラマやバラエティ、深夜番組など、あらゆるテレビ番組のチェックを毎日欠かさない。世間一般でニュースにどのような感想を持っているのかを知ることに関心が強い。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック