fbpx

加藤あい、月9で女優復帰も、ネットからは「利用された?」の声

【出典】株式会社 SOMEDAY

女優の加藤あい(34)が、現在放送されているドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)で女優復帰することが分かった。加藤あいは2014年に公開された映画『チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像』出演を最後に女優業を休業。今作で約3年ぶりの女優復帰となる。

もはや加藤あい頼み? 視聴率低迷にストップは掛かるか

嵐の相葉雅紀(34)主演の『貴族探偵』。視聴率ワースト記録を更新し続けている月9枠を何とかしようとフジテレビが社運を賭けて作ったドラマだが、視聴率は2話以降一ケタ続き。8日に放送された第4話は8.9%で、第3話の9.1%から0.2ポイント下降した。

加藤あいが出演するのは15日放送の第5話から。加藤は相葉が演じる貴族探偵の知り合いである元伯爵の孫の令嬢を演じる。連続殺人事件の鍵を握るキーマンという重要な役どころだ。

「加藤あいの女優復帰」という話題は『貴族探偵』の宣伝そのもの。プレッシャーの掛かっているフジテレビとしては、加藤の久々の復帰に期待をしているファン層を取り込みたいところだろう。この宣伝効果は果たして数字に表れてくれるのだろうか。ヤフー!ニュースのコメント欄にはフジテレビの思惑とは裏腹に、冷ややかなコメントが多く書き込まれていた。

「貴族探偵側も必死だな」

「視聴率上げるのに、必死だな」

「視聴率が悪いから、ジャニーズに『なんとかしろ』と圧力をかけられたか」

「加藤あい、話題作りのために利用されたのかな。よりによって貴族探偵で復帰なんて気の毒」

「加藤あいを出演させて、視聴率アップを狙ってるんだな」

ドラマ自体が注目されているのならともかく、4話放送時点で既に「落ち目」とも言われている今回の月9。フジテレビが加藤あいを利用していると見るネットユーザーも多い。

『貴族探偵』は毎回多くのゲスト俳優が出演している。それを楽しみにしているという視聴者もいるが、視聴率の伸び率を考えるとゲスト目当てで観ている層もあまり強くはないかもしれない。万が一、第5話の視聴率が悪かったとしても加藤あいの責任ではないことは確かである。

可愛さは健在!1児の母とは思えない美しさにネットも騒然

サンケイスポーツは加藤の女優復帰のニュースとともに最新の写真も掲載。役に入り込んでいるのだろうか、令嬢らしい穏やかな笑みを浮かべている。プライベートでは2015年9月に第1子となる女児を出産した加藤あい。まったく衰えを見せない美しい容姿をたたえる声も見られた。

「まだまだ美人だなあ」

「いつ見ても綺麗だし、可愛い。なりたい顔って誰よりもこの人だわ、線の細さが羨ましい」

「美人やなぁ。エビちゃんとかアヤパンもそうだけど、年取ってもキレイな人こそ本当の美人だと思うわ」

10代の頃から女優として活動してきた加藤あい。『海猿』シリーズなどの主演作でもよく知られている通り、その美貌とスタイルで日本を代表する女優のひとりとして輝いてきた。

「変わらぬ美しさ」というのは人の好奇心を煽るには充分な理由となる。その美しさで視聴率を伸ばすことができるだろうか。

復帰に当たり加藤は「旺盛な好奇心や遊び心が感じられるように演じられれば」とコメントを出している。以前なら間違いのないはずの枠だったはずが、時代は変わり、不安の声が聞こえている月9。『貴族探偵』で復帰を決めたのが吉と出るか凶と出るか。第5話の視聴率がどれだけ伸びるかに注目したいところ。

福田綾子(ふくだあやこ)

フリーのウェブライターで主にエンタメ記事を手掛ける。映画、小説、ドラマ問わずさまざまなジャンルに精通。ネットサーフィンで情報を収集して旬の話題を見つけ、読者の目線に立った記事を執筆する。

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板