fbpx

広末涼子、フジ月9「貴族探偵」出演決定に「ゲスト頼み?」と早くも心配の声

出典:「貴族探偵」フジテレビ

2017年5月22日に、広末涼子(36)が現在放送中の月9ドラマ「貴族探偵」の第7話(5月29日放送予定)に出演することが発表された。

広末の月9出演は2007年10月に放送された「ガリレオ」以来10年ぶりとなり、今回のゲスト出演決定について「そうそうたるメンバーが集結する終盤の謎解きのシーンは、役者としてあの場にいたら、きっとすごく楽しいだろうなぁ、と視聴者として拝見していました。そんな折、出演依頼を頂き、驚きと共に期待感を膨らませています」と語った。

主演の相葉雅紀(34)については「貴族探偵役のクールな相葉さんと対峙することを楽しみにしています。お芝居でご一緒するのは初めてなので、お手柔らかによろしくお願いします」と、期待を込めて話した。

「貴族探偵」は月9ドラマが開始して30年を記念して作られたドラマで、放送開始前から豪華なキャスティングが注目されていた。

また、ドラマ内で起きる事件のキーパーソンとして、第5話に加藤愛(34)が3年ぶりに女優復帰して出演したことも話題になっていた。

広末の月9ゲスト出演決定に、ネットにはどのような意見が寄せられたのだろうか。

出演を断った方がよかった?

Yahoo!ニュースのコメント欄には、このような声が寄せられている。

「オファーを断った方が良かったのにね」
「豪華なゲストでも数字を取れないのは明らかなのに広末が可哀想」
「今や月9に出ることがなんのステータスにもならないのに」
「視聴率悪くても広末のせいにしないでよ」
「広末が出るからといって視聴率が上がるわけでもなし」
「誰がゲスト出演しても変わらないんじゃないの?」
「今回は広末さんか~ゲストを誰にしてもイマイチだと思う」

今回の広末の出演決定については、マイナスの意見が多く集まっていることが分かる。
それも、広末がどうということではなく、ドラマ自体への期待が薄く、共倒れになってしまうと感じているひとが多いようだ。

以前は月9出演となれば、知名度が上がり、俳優としても誇らしいことであったはずが、出演しても損をすることになると考えるひとが多いとは……。

月9の全盛期ともいえる時代に「ロングバケーション」や「ビーチボーイズ」に出演していた広末が、現在の状況をどう感じているのか本音を知りたいと思うひともいるのではないだろうか。

キャスティングしか話題にならないドラマって……

「どーーーにもならないドラマだから、ゲストをガンガン呼んで、どうにかしようとしてるんだな」
「月9枠はブランドどころか「月9=面白くない」のイメージになってませんか?」
「誰を呼ぼうとドラマの内容がつまらなければ結果はついてこない」
「脇役のキャスティングだけが話題とは……」
「もう誰をゲストにしても高視聴率は厳しいな」
「次から次へと女優さんを出して話題作りをしなきゃいけない内容なのかな?」
「女優俳優を次々投入すればするほど惨めなドラマ?に見えて可愛そうだな」
「毎回大物ゲストが来て話題にはなるけど」
「肝心の内容が面白くないから視聴率が悪い」

キャスティングだけが話題となっていることについて、疑問の声が多い。

過去には毎週ゲストが出演して人気を得ていたドラマも確かに存在しており「次は誰が出るのだろう?」や「このひとに出てほしい!」という、期待に満ちた声が寄せられてた。

しかし、残念ながら「貴族探偵」でのゲスト起用には、ゲスト頼みで他に楽しめる要素が少ないという厳しい意見が多いようだ。

テレビ離れやドラマ離れの時代といえども、内容に魅力があれば、評判が上がり人気番組になり得る要素はいくらでもある。

「貴族探偵」の早期打ち切りを心配する声もあったが、マイナスの意見を返上するような展開を見せることができるのだろうか?今後の動向を見守りたい。

文・鳥井ハニ(とりいはに)
気になることについては、とことん情報収集してしまうオタク気質のフリーライター。
最近はネタ満載のK-POPアイドルに夢中になり、興味を示さない友人にむりやり情報を送りつける身勝手な行動を起こすことも……。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板