fbpx

「3年も前のこと」小倉智昭の上原多香子擁護発言にネットで怒りの声集まる

出典:フジテレビ「とくダネ!」公式サイト

2017年8月16日朝に放送された『とくダネ!』で、キャスターの小倉智昭(70)の発言が話題になっている。

番組では、不倫報道のあった上原多香子(34)が芸能活動を無期限に休止することを報道。それに対して小倉が「なんで3年も前のことで休まなければいけないの?」とコメント。

上原の不倫は、2014年に自死した夫のTENNさん(享年35)の実弟がTENNさんの遺書を週刊誌で公開したことで発覚。遺書には、妻の不倫に悩み、死を選ぶしかなかったという悲痛な言葉が並び、上原の不倫相手とされる男性俳優の名前も実名で書かれていた。

上原の不倫はネットやSNSでは大きな話題になったが、テレビでこの件に触れる番組はほとんどなく、16日の新聞のラテ欄に『とくダネ!』が番組内で上原のことを放送することが分かってから、どのように取り扱うのか注目が集まっていた。

しかし、番組では上原の不倫や、TENNさんの遺書、不倫相手とされる男性俳優のことには一切触れず、上原が芸能活動を休止するということだけを伝えた。

『とくダネ!』での上原についての放送内容と小倉の発言には、ネットでどのような声が寄せられたのだろうか。

上原を擁護?ご遺族の気持ちは?

ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。

「3年も前だったら不倫して夫自殺させててもいいんですか?」
「いやいや、旦那さんの亡くなった原因でしょうが!」
「三年前の事が今明らかになったからでしょ。三年前にわかってたらその時に干されてるよ」
「論点がずれてる。旦那さんのご遺族の方を傷つける発言。思いやりの欠片もないな」
「3年前に受けなかった批判を今浴びてるだけじゃない?」
「上原庇ってどうする?本当に思いやるべきはご遺族の方でしょ」

小倉の発言には、怒りに満ちたコメントが並んでいる。確かに過去の行いがいつまでも付きまとうことは不憫かも知れないが、今回は次元が違う。3年前にご遺族がどのような想いで真実を隠したのか、その部分を汲み取ることがなぜできないのだろうか?と、理解に苦しんだひとが多いようだ。

ほとんどのワイドショー番組で上原の話題を取り上げない本当の理由は不明だが、他の芸能人の不倫とは全く異なるケースで、取り扱いに悩んでいるということもあり得る。テレビでやっと取り扱われたかと思えば、上原を擁護するようなコメントがされたことに、怒りの声が集まることは当然のことかも知れない。

どうして庇った?後ろめたいことがあるせい?

小倉が番組で上原を擁護した理由についても意見が集まっている。

「小倉もやっちゃってんのかな?不倫する人同士庇いあうのね」
「さすが不倫してる人は言うことが違うわぁ。自分も不倫疑惑あるから擁護するよね」
「片方に肩入れして公平な視点で見られないなら報道に携わる資格ないよ」
「宮迫もベッキーのこと擁護しまくってた。不倫してるから擁護しまくってるんだといわれてたよ」
「小倉も不倫してるからね。自分の予防線張ってるだけだろ」

小倉にも後ろめたいことがあることから、上原を擁護したのではないか?というコメントが多い。

小倉には今年6月に週刊誌で、大手新聞社社員の女性と密会を重ねているという不倫疑惑報道があった。これに対して相手の女性を「親友」と説明。「すごい好きなひとだし、友達だから食事に行ったりしている。やましいことはしていない。冗談じゃない」と不倫疑惑を完全否定しているが……。

世間が上原を庇いようがないと感じているなかで、小倉が擁護するような発言をしたことはかなり衝撃的であることから、不倫したことがあるからだという憶測を呼んだのかも知れない。

キャスター歴の長い小倉は、自身の発言がどのように視聴者に届くのか理解していてもいいと思うのだが……。ご遺族の気持ちを想い、視聴者の感想を見る限り、非常に残念である。

鳥井ハニ(とりいはに)

フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板