鈴木亜美、激辛キャラを推すも「それよりも目が怖い」の声止まず

出典:鈴木亜美オフィシャルブログ

今月10日、歌手の鈴木亜美(36)が、都内で開催された「ジューシーヨガフェイスプロジェクト」のイベントに、スペシャルサポーターとして出席した。

イベントの様子を伝える「日刊スポーツ」の記事によると、鈴木は、常にキュッと上がった口元と、みずみずしい表情を保つという”ジューシーヨガ”を考案した講師の指導を受けながら、20人の参加者とヨガを体験。

最近はテレビ番組で”激辛キャラ”として出演する機会が増えている鈴木は、この日も「唐辛子など、辛いものは、私にしたらめちゃくちゃジューシー。食べているだけで楽しくなって、キラキラする」と、イベントの内容に絡めて、自身の激辛好きをアピール。

そして、小学生の頃から辛いものが好きではあったが、「辛いのに強いのは、これまで自分では気づいてなかったんです。意外な才能があって驚いてます」と、最近になって自分の新たな才能に気づいたと明かして、「みそ汁1杯に一味唐辛子を1本使っている」とも語ったそうだ。

イベントに登場した鈴木が、”激辛”について語ったことに、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。

身体への負担が心配?キャラ設定に必死?

ネット掲示板ガールズちゃんねるには、鈴木の”激辛キャラ”について、痛々しく感じるという声が寄せられている。

「今は何ともなくても、年取ってから内臓荒れ出すよ」

「無理して、そういうキャラ作らなきゃテレビ出れないもんね」

「私は辛いものは好きだけど、ちゃんと健康のことを考えて食べてるよ!この人は早死にしたいのかな?」

「才能じゃなくて、味覚が辛さに慣れすぎて、狂ってるだけだと思うよ」

「激辛キャラってなんだかなー。キャラ設定に必死だな。生き残りに必死すぎ」

「なんとか浮上したくて、キャラ作りで迷走してる感じ」

鈴木の激辛好きは度を越していて、今はいいかも知れないが、かなり身体に負担がかかっているのではないかと指摘されている。

そして、辛いものが好きなことも、辛いものに強いこともいいが、それを”キャラ”にして売り出していることについては、必死さが見えて、キャラ設定で迷走していると言われている。

身体への負担も心配であるし、露出を増やすために無理をしているのであれば、さらに心配である。

”激辛キャラ”より”顔”が気になる?目が怖い?

すっかり”激辛キャラ”を推している鈴木であるが、それよりも「顔が気になる」という意見が多数あった。

「顔が気になって内容が頭に入って来ない」

「いつも目が気になる」

「目もだけど、眉毛も凄い!凄く変だよ!」

「この人の目って、目尻と目頭を逆にしてるの?コラ?」

「目はどーなってるの?こわっっ!!」

女性の容姿についてあれこれ言うのは心苦しいが、とにかく鈴木の顔。特に”目”が気になって仕方がないというコメントが殺到している。

鈴木の目は、以前から整形しているという噂があり、それを見兼ねた鈴木が、今年2月にTwitterで、「未だに整形していると言われるが、年を取れば輪郭は変わる」と、整形疑惑を否定していた。

しかし、本人が否定したところで、やはり顔が気になってしまうという人が多いようだ。鈴木が”激辛キャラ”で身体を張っているのに、結局話題になるのは”顔”というのも皮肉である。

そして、鈴木の”激辛キャラ”には無理があり、身体だけでなく、精神的にも悪いのではないかという意見も少なくなかった。

鈴木が、キャラ設定で迷走したり、整形を疑われる”顔”ばかりが注目されるということも、本職の”歌手”の部分で活躍できれば、全てクリアにできると思われるが、歌手活動はめっきりご無沙汰である。

鈴木はこのまま、”激辛キャラ”を推していくのだろうか。今後の鈴木の活動と、それを目撃した人の感想に注目したい。

鳥井ハニ(とりいはに)

フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

この記事どうだった?
  • いいね!
  • イマイチ...

    あなたの運命の人を教えます!|PR

    【恋愛の未来予言】 は簡単な質問に答えるだけで、

    専門占い師があなたの運命の人を教えてくれます。

    9月限定の特典で【無料鑑定】できますので、

    運命の人が気になる方は参考にしてみてください。

    >> いますぐ9月限定の特典で無料鑑定する

    この記事を読んだ人におすすめ

    30歳以上の女性に質問です。あなたは処女ですか?
    読み込み中 ... 読み込み中 ...

    月間リアクション数ランキング

    閉じる