fbpx

『おっさんずラブ』好演の吉田鋼太郎がドラマ賞受賞 続編期待の声も

出典元:テレビ朝日「おっさんずラブ」

オリコンが発行しているエンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』が主催する『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』2018年4月の結果が発表された。

同賞は「質の高いドラマ」を表彰することを目的としており、コンフィデンスが毎週調査しているドラマ満足度調査の結果とを元に、有識者による審査会で受賞者・作品を決定している。

作品賞を受賞したのは土曜ナイトドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)だった。「おっさん」同士の純愛を描いた同作は、これまでにないような新鮮さが評価され、放送中はネットでも話題になることが多かった。

同作出演者としては、吉田鋼太郎(59)が助演男優賞を受賞。「理想の上司」として、そして「ヒロイン」として黒澤武蔵役を見事に演じきった。

吉田は受賞について「このような賞をいただけるとは思っておりませんでした」と驚きながらも「あまりにも反響が大きくて驚いていたところもあるのですが、その声に励まされて、がんばれていたのではないかと思います。ご声援本当にありがとうございました。」と視聴者へ感謝した。

「この作品は、僕の人生初のヒロイン役です。」とコメントした吉田。ネットでは吉田に、そして作品に対しての称賛の声が多く上がっている。

「この人がいなかったら成り立たなかった」高評価の声多数

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、ドラマを視聴していたユーザーからのコメントが多く集まっている。

「もうね、最高すぎ」
「部長(*吉田)なしではこのドラマは成り立ちませんデイs田」
「今日も録画してたの見た、癒される」
「見た目は渋いおじさんなのに、恋する乙女で可愛かった!」
「めちゃくちゃ笑って最後は泣いた いい男なんだよなぁ」
「笑いまくったもんな」
「新境地大成功」
「渋いダンディな俳優なのに、これを演じたの凄いわ」

「これを演じたの凄いわ」などと、普段とは違ったカラーの役柄を演じきった吉田に対する称賛の声が多くなっている。

作品全体に言えることかもしれないが、普通の作品とは違った「ギャップ」を楽しむことができたのも、同作が人気を集めた理由かもしれない。

「続編は…」さまざまな意見が集まる

また、同作品では続編についての意見も寄せられていた。

「続編があるとしたら部長がいないと成立しないと思う」
「なんとなく続編はやらない方がいい気がしてきたわ……」
「続編いいでしょ、綺麗に終わったからこれ以上何やったらいいか分からないし」
「続編あるとしたら、知名度アップのための配役にならないか心配」

続編を希望する声もある中で、「続きはいらないのでは」との意見も少なからず見受けられる。

今後続編の発表があるかはまだ分からないが、ひとまずは今作をじっくりと見返すのも悪くないだろう。

文・小森ミタカ
フリーライターとしてエンタメを中心に様々なジャンルの記事を執筆。話題のニュースを「いち早く」「わかりやすく」伝えることを目標に日々活動している。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板