fbpx

MALIA.がバツ3から再婚・第4子出産に「いずれ離婚」を危ぶむ声

出典:MALIA.公式インスタグラム

モデルのMALIA.(35)が10日、自身のインスタグラムと公式ブログを更新し、第4子を出産したことを発表した。

昨年11月に結婚した元Jリーガーでファッションモデルの三渡洲舞人(25)とは初めてのベビーとなる。

 SNSでは「感謝」「幸せ」を意味する「Blessed」とつづり、生まれたばかりのわが子を愛おしそうに抱く自身の画像を掲載した。

また、夫の三渡洲もインスタグラムを更新し「2018年8月8日、午後15時35分 元気な男の子産まれました」(本文ママ)と報告。

MALIA.と赤ちゃんとの3ショット画像を掲載し、ハッシュタグで「ママありがとう」「ママお疲れ様」と、妻への感謝の思いを記した。

MALIAのバツ3からスピード再婚&出産にドン引きの声多数

4度目の出産となるMALIAだが、おめでたい出来事にも関わらず、その自由奔放さからネット掲示板「ガールズちゃんねる」ではドン引きの声が多数寄せられた。

「いつのまにか出来ていつのまにか産まれてる 」

「また離婚して違う男と第5子つくるんやろ?
お見通しやで! 」

「いずれ離婚だな。 」

「また自分語りするよ自己顕示欲の塊だから
どんなに大変でどんなに頑張ったか何事も美談にして周りから崇めてもらうのが大好きな人 」

「つけまに髪もセット…
赤ちゃんより自分見てって感じ 」

「この人ほどかまってちゃんは居ないんじゃないかなと思う。
ベビーシャワー自分で招待して何回もやってるし
結婚式だって何回もやってるし、、周りはそれに踊らされてるだけ。気づかないのかな? 」

MALIA.は2001年に当時J1横浜でプレーしていたDF田中隼磨(36=現J2松本)と結婚し、第1子の男児を出産し、04年に離婚している。

翌05年には総合格闘家の山本“KID”徳郁(41)と再婚して第2子と第3子となる1男1女をもうけたが、09年に再び離婚。

15年元日に、当時J1横浜でプレーしていた佐藤優平(27=現J2東京V)と3度目の結婚をするも、昨年3月に離婚。

そして昨年11月に4度目の結婚をし、第4子となる男児を今回出産した。

そのため、子供4人の血のつながった父親は3人いるというかなり複雑な家庭環境となっている。

さらに今回の結婚は前回の離婚からたった8ヶ月とかなりのスピード再婚である。

3人の子供がありながら、スピード再婚&出産では不快感を覚える人が多いのも納得だ。

子供の新しい父親になる人となれば、子供のために慎重になるのが普通ではなかろうか。

あまりにも世間ズレした意識と度重なる離婚歴に今回もすぐに離婚するのでは?という声もすでに多く挙がっている。

自由奔放ながらも育児を頑張る姿に称賛の声も

厳しい声が多い中、MALIA.の出産を喜ぶ声や、育児を頑張る姿に称賛の声も。

「おめでとうございます! ちっちゃく見えてるちっちゃい赤ちゃんの帽子可愛い!
すくすく育ってね〜! 」

「彼と終わって絶望の私には、マリアの生き方が羨ましい。
愛されたいよー。゚(゚^ω^゚)゚。 」

「自分で稼げて、旦那は10歳年下のイケメンで、元気な子供が4人もいて…
この人の人となりは良く知らんが、情報だけ見たら羨ましい限り 」

「子供みんないい子そうだった
育児放棄してるわけじゃないんだし、理想の母親像押し付けることないんじゃない?」

MALIA.と言えば、子だくさんママとして過去に密着取材が行われている。

その自由奔放な行動と見た目とは裏腹に、コスメやドレスのプロデュースやブラジリアンワックスのサロンと実業家としての顔を持つ。

番組内では仕事で多忙な日々を送りながらも子供達3人の弁当作りを欠かさず、プロスポーツ選手を目指す長男のために送迎をするなど、育児を懸命に頑張る姿が放送された。

さらに長男はスポーツ万能な上に、成績優秀と非の打ちどころがない成長ぶりである。

新しい命が生まれ、ますます賑やかさを増したMALIA.ファミリー。

子供達のためにも今度こそ落ち着いて、温かい家庭がいつまでも続くことを祈るばかりだ。

月島あおい (つきしまあおい)

日々芸能ネタを掲示板やニュースでチェックするのが日課のアラサーフリーライター。国内のみならず海外のゴシップネタにも興味あり。さまざまな視点から執筆活動を続けている。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板