fbpx

鈴木奈々ってズルくて賢い女だよねって話【芸能評論】

出典:鈴木奈々公式インスタグラム(@nana_suzuki79)

最近、女芸人顔負けだとかモデル界の出川哲朗だとか言われるほど、バラエティでの仕事ぶりをスタッフや共演者から高く評価されている鈴木奈々(30)。

しかし、その一方で、オーバーなリアクションでうるさい・おバカで下品な発言や行動が見ていられないなど、視聴者からの反応がいいとは言えないタレントでもある。

 

筆者はというと、多くの視聴者と同じようにうるさくて下品なおバカだと思う反面、芸能人としてのズルがしこさも兼ね備えつつ実はかっこいい女性なのではないかと感じている。

もちろん芸風だけ見るとかっこいいとは言えないのだが、あの機転の利く仕事ぶりや芸能人気取りしていない素直な性格は視聴者からもっと評価されても良いのではないだろうか。

 

ここまで読んでみて「なんであんなヤツのアゲ記事なんだよ」と思った読者の方も、鈴木のおバカで下品な部分だけに左右されずに最後まで読んでいただきたいと思う。

 

 

お笑い芸人とは、いかに面白く目立てるかということを常に考えているもの。

鈴木は芸人ではないにも関わらず、いつもこういった芸人のような姿勢でテレビ番組に出演している。

何度も何度もカメラに写るためには体力と根気強さがないと続かない。収録時間が長い番組で芸人たちが疲れた様子を見せていても、鈴木だけはいつもうるさいくらいに元気である。

その体当たりな芸風は尼神インターの渚のような肉体派の女芸人からも「芸人でも太刀打ちできない」と称賛されているほどだ。

 

また、最近の芸能人はネットなどで視聴者から批判されることにより、芸能人という発信する側でありながら受け身になって視聴者の意見を気にしすぎてしまうことが多い。

だが鈴木の場合は、自分が受け身にはならないテレビ番組に出演している時の鈴木はまるで、ご主人様との遊びに夢中になっている飼い犬のように、その時のスタッフや共演者など自分の存在を喜んでくれる人だけに向けて、全力で取り組んでいる。

あくまでも「視聴者の意見は視聴者の意見」と割り切っているので、必要以上にストレスを溜めることがないのだ。

ただスタミナがあるだけではなく、こういった鈴木のストレスを溜めない姿勢も、あの逞しさや根気強さの秘訣であると考える。

 

 

そして、もともと美人なモデルという存在でありながら、所謂”芸能人アピール”をしないのも鈴木の良さだ。

一応インスタやブログでは私服の紹介などのモデルらしい部分も見られるのだが、「毎日半身浴でストレス解消してます」だとか、「六本木の高級マンションに住んでます」みたいな女性芸能人によくいる極端な女子力アピールや金持ち自慢はまずしない。

先程話した鈴木の存在を喜ぶような人は、鈴木の女子力なんて興味ないので当然と言えば当然なのだが。

 

多くの女性芸能人を見ていると、どんなに体を張った仕事をしていても“私だって本当は女子力の高い芸能人なのを忘れないで”と言いたげな言動をしてしまうのだが、鈴木にはそれがない。

見た目が個性的な女芸人であればそれが笑いになることもあるが、鈴木は美人なためそれが笑いに繋がることはまずないのだ。

女性同士の醜い争いに参加せず、求められていないことはちゃんと捨てることができる人材なのである。

 

 

鈴木がバラエティなどで女性の特権を振りかざすのは、男芸人からキスをせがまれるなどといった男性との極端な絡みに対してだけである。

テレビで売れっ子になる前から一般人男性と真剣に交際してきた鈴木は、イケメン芸能人に色目をつかって近づくようなことは絶対しなかったし、結婚した現在も家族と幸せになることを大前提に活動している。

他の人が鈴木の女性らしい部分を知らなくても、自分の旦那は理解してくれているだろうし、その旦那に対しては誠実に行動していこうとしている。

最近ときどき旦那を批判するような言動も見受けられるが、よくよく最後まで話を聞くと結局旦那について惚気たいだけで、やっていることは売れっ子になる前と何も変わっていない。

こういった鈴木の誠実さが、男女問わずテレビで共演する同業者やスタッフに信頼されている部分なのではないだろうか。

 

 

モデルやアイドルのような綺麗どころの女性芸能人の中にいる時は、その桁外れのおバカさと女子力のなさが武器になり

女芸人の中にいる時は、美人な見た目と激しい体当たり芸とのギャップで圧倒し

男芸人の中にいる時は、女芸人ではないことを利用して女性の特権を振りかざす

 

誰と共演しても一番目立てるその能力は、芸能人としてのポテンシャルがものすごく高いと言わざるを得ない。

自分のポジションを最大限に利用できているその立ち回りは、かっこ良くもあり本当にズルイ女だと感じてしまう

 

芸能人として天才的な適応能力があるとは言え、今の体を張った芸風では体力が低下してくる10年後、20年後の活動が危ぶまれる鈴木奈々。

将来子供ができた時に引退したいなんてならないよう、再び独自の新しい方向性を見つけて私たち視聴者を驚かせてくれることを期待したいと思う。

 

(文・巻川とっしゅ)

エンタメライター。お笑いとものまねをこよなく愛すアラサー女で、基本面白いことには何でも首を突っ込む性分。

BLも少々嗜んでいます。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板