fbpx

キムタクがB’z30周年ライブにサプライズ登場もネットは賛否両論

出典:ジャニーズ事務所公式サイト

9月21日、ロックユニットB’zが味の素スタジアムで『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 ―HINITORI―』のライブを開催。この日デビュー30周年を迎えたB’z の祝福に木村拓哉(45)がサプライズ登場した。

雨の中スタートしたライブは、デビュー30周年記念日とあって大盛りあがり。ライブ中盤で『ZERO』を歌う稲葉浩志(53)に、近寄るカメラマンの姿が。稲葉はカメラを取り上げ、逆にカメラマンを撮影。すると、そのカメラマンがなんと変装した木村だったというのだ。

巨大モニターに木村が映し出され、会場は大歓声。マイクを向けられた木村は「30周年おめでとうございます」と伝え、稲葉や松本孝弘(57)とハグ。そして稲葉のマイクをシェアしながら『ZERO』を歌い、ステージから退場したという。

このサプライズゲストに、ライブの行われていた会場では「ファン騒然」だったと『女性自身』が報じている。

B'zだけを見たかったとファンの声

これに対してネットの掲示板「ガールズちゃんねる」では、賛否両論の声があがっていた。

「B’zファンはキムタク求めてないんじゃない??」

「稲葉さんとマイクをシェア… 図々しいな」

「キムタク家の最近の家族総出の話題作りはなんなんだろう」

「今年のB'zは30周年でいろんな企業とのコラボをテーマにしてるからその一環でしょ」

「稲葉さんがキムタクにオファーしたのにファンは怒るの?」

「好きであればある程「 B'zだけ」を求めてた」

「仲いいのは前から知ってたけど稲葉と並んでステージには立たないでほしい」

「30周年のお祭り的な楽しいコラボは大歓迎だけど、ライブはB'zだけで完全された圧倒的なパフォーマンスして欲しかったな」

「B’zファンは稲葉さんの歌が聴きたいんであって、いくらプライベートで仲が良くても所詮アイドルのキムタクがステージで歌ってもシラケるよ」

キムタクと稲葉が家族ぐるみで仲が良いのはファンには有名な話で、稲葉の誕生会を両家で一緒に祝ったことが週刊誌で報道されたこともある。

しかしプライベートで仲が良くても、ステージには上がらないで欲しかったという意見が目立った。

ファンにとってライブはアーティストの世界観に浸れる場所。キムタクがゲストに出たことで「プライベートは見たくない」「現実に引き戻されるようだ」という意見も見られた。

小杉は歓迎されたのになぜ?

実はキムタクが登場したのは9月21日だけで、他の日はブラマヨの小杉がサプライズ出演したのだという。

「大阪や他数ヶ所では、小杉が出てきたよ!笑」

「小杉は、ステージに上がってないし
ステージから離れた通路で踊って盛り上げてた」

「B'zのガチファンで有名な小杉だから歓迎ムードで大盛り上がりでしたよ」

「小杉は叩かれなくてキムタクが叩かれるのは、やはりステージに上がったり一緒に歌ったりなど「俺、バッチのダチだからこんな事もしちゃうぜ」感が強いからだと思う」

「小杉はB'z大好き芸人で有名だし、あくまで演出の1つとしての出演だったから雰囲気壊す訳でも無く受け入れやすかったんだと思う」

「B’zファンとしては小杉は昔からB’zネタやっててちゃんと曲もリスペクトしてるのが見るからに分かってたから嬉しい!」

同じサプライズゲストでも、小杉の登場はB’zファンに好評だったようだ。

小杉はB’z大好き芸人としてあくまで「ファン」としてステージ横で盛り上げ、マイクを手にすることもなかった。しかしキムタクは「稲葉の友達」として出場したという違いがあるようだ。

小杉に対してはファン同士という連帯感が生まれたが、キムタクに対しては距離感を感じてしまったファンが多かったのかもしれない。

B'zの公式インスタグラムには、松本孝弘と稲葉浩志に挟まれて満面の笑顔の小杉が映っている微笑ましいスリーショットが公開されている。

小原へり子(こばらへりこ)

芸能ニュースとそれに対してあれやこれや言うのが大好き。どこかに面白いニュースはないかと日々お腹をすかせている。

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板