fbpx

吉澤ひとみが芸能界引退発表に「当然の結果」の声多数

出典:吉澤ひとみオフィシャルブログ

酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴され、27日に保釈された元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)が芸能界を引退することを発表した。

所属事務所がマスコミ各社にファクスで報告。吉澤被告本人から引退の申し入れがあり、当日付けで専属マネジメント契約を解除したとした。

吉澤被告は自筆の署名入りの文書で「この21日間独りでこれまでの人生を振り返り、自分自身と向き合う中で、自分の弱さと未熟さを自覚しました」とし、「なにより、怪我をされた方々に深くお詫びを申し上げます」と謝罪した上で「今まで18年間お世話になった芸能界からは引退致します」とつづった。

所属事務所も「弊社と致しましても、今回の事件の社会的影響の大きさを強く認識しており、本人と面談し、その意向を確認したうえでこの結論に至りました」と契約を解除することを決めた理由を説明した。

吉澤ひとみの引退報道に「当たり前の結果」の声多数

吉澤ひとみが芸能界引退を発表したことに対し、ネット掲示板「ガールズちゃんねる」では納得の声が多数届いた。

「当たり前の結果です。
反省して生きてください。 」

「引退当たり前
被害者にはちゃんとお金払って償いしてくださいね」

「前科者の親を持つ、子どもがかわいそうだわ。 」

「むしろ当初の無期限謹慎の方が驚いたよ
戻ってくるつもりあったのかと 辞めて当然だよ 」

「こんな事件さえ起こさなきゃ、細々とでも仕事があったろうに…。馬鹿だね~。 」

「長年積み上げてきたものが崩れ去るのはあっという間だったね。
反省して、罪を償いながらひっそり生きて欲しい。 」

当初は無期限謹慎との報道があったが、度重なる報道に吉澤自身が疲れてしまったのか芸能界引退に追い込まれる結果となった。

人気アイドルグループとして一世を風靡したモーニング娘。の4期メンバーとして10代の時から芸能界で活躍してきた吉澤。

2015年の11月にはIT企業経営者の男性と結婚し、2016年には男児を出産するなど卒業後の私生活も順風満帆そのもの。

ブログでは子供を溺愛する姿を見せていたが、今回の件で長年のキャリアと平穏な生活はもろくも崩れ去ってしまった。

起訴状によると、吉澤被告は今月6日朝、酒気帯び状態で乗用車を運転。

さらに東京都中野区内の路上で赤信号を無視して交差点に進入し、男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。

事故直前には法定速度を26キロ上回る時速86キロで走行していたことが分かっており、死亡事故につながっていた可能性も十分にあった。

多数の違反をした上で事故を起こしたにも関わらず、被害者を救護するどころか逃げ去り、隠蔽しようとした罪は非常に重い。

これでは「当然の結果」という声が出てしまうのも無理はない。

吉澤ひとみに対し、「けじめをつけて歩んで」とエールの声も

厳しい声が多く上がる中、子供のためにもきちんと反省し、歩んでいってほしいという声も寄せられた。

「まだまだ人生長いからけじめつけて、これからを歩んでいってほしいです 」

「 今回したことは最低だけど、小さい頃大好きだったアイドルは引退したと思えればこれ以上晩節を汚さないし、個人的には寂しいけどホッとする。 」

「明日は我が身
人生何が起きるか分からない
車は凶器になるという事を常に意識して安全運転しようと思った 」

また、「明日は我が身」と安全運転を再度意識しようという意見も多数あがった。

通勤や移動など運転することが多い場合、どうしても安全運転への意識が薄れがちである。

スピード超過やスマホ運転など、ついついやってしまっている人もいるのではないだろうか。

車は非常に便利ではあるが、彼女のように事故を起こしてから後悔しても失ったものは取り戻せない。

改めて安全運転を意識したいものである。

月島あおい (つきしまあおい)

日々芸能ネタを掲示板やニュースでチェックするのが日課のアラサーフリーライター。国内のみならず海外のゴシップネタにも興味あり。さまざまな視点から執筆活動を続けている。

【マンガ解説】婚活のプロが明かす、「結婚できる女とできない女」の決定的な違い
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板