安田美沙子の息子は小さな彼氏発言に「毒姑決定」と批判殺到

出典元:安田美沙子オフィシャルブログ

13日、東京スカイツリータウンにて「世界血栓症デー2018 ゲストトークセッション」が行なわれ、ゲストとしてタレントの安田美沙子が登場。

家族や、大好きなマラソン・運動について語った。

「こんなに人のことを心配する時間があるんだってくらい。可愛いんですけど大変です、でも可愛いです。ちっちゃい彼氏って感じなので、なんでも一緒にしたいなって思います」と息子にメロメロの様子。

2016年に浮気が発覚した夫との関係を「今は息子がいるので。お互いが可愛がるので平和になってます」といい、「なんでも話して、食事を一緒にすること。家族で食卓を囲む『食育』を大切にしていて。そういう時間が夫婦の仲を深めると思います」と円満アピールした。

安田美沙子が息子を小さな彼氏扱いに大論争が勃発!

安田美沙子が息子を「小さな彼氏」と呼んだことに対し、ネット掲示板「ガールズちゃんねる」では大論争が勃発!

「うちにも息子がいるけど小さい彼氏なんて思えないよ。 」

「毒姑決定」

「旦那が他の女のところに行ったから息子を恋人代わりにしてるんだろな 」

「旦那に浮気されたから余計息子依存激しそう。
一人息子を持つ母親が一番めんどくさそうw 」

「旦那とうまくいってない人って息子を代わりにしだすよね。 」

「旦那が娘を『小さい彼女』って言ってたら気持ち悪くない? 」

以前からネットで度々論争を巻き起こしてきた「息子は小さな彼氏」問題。

自己アピールが強く、何かと叩かれがちな安田美沙子が「息子は小さな彼氏」発言したことによってより批判が殺到する結果になってしまった。

特に多かったのが「気持ち悪い」と拒否反応を示す声である。

彼氏と言えば恋愛対象であり、そんな感情をわが子に持つことに嫌悪感が湧くようだ。

また、安田美沙子の夫と言えば2016年12月末に「週刊文集」で一般女性との浮気が報じられたイメージが強い。

そんな夫の浮気がきっかけで息子へ依存しているのでは?という声も。

さらに依存度が高い場合、小さい時はまだしも、息子が成長した際には毒姑化する可能性もある。

実際に息子への依存度が強い姑に悩まされている既婚女性も多く、そのような経験から「小さな彼氏」扱いに厳しい声も多いようだ。

声に出さなければOKでは?と寛容的な意見も

厳しい声の一方で「声に出さなければOKでは?」と寛容的な意見も見られた。

「別に小さい彼氏みたいだなって思っててもいいと思う。
『みたい』という母親の感想だし。ただ声に出すとこうやって叩かれる風潮。」

「昔はみんな言ってたよ 私も兄がいるから母がよく言ってた

ここ5、6年じゃない?誰かが最初に批判しはじめて、それに同調圧力がかかる。
ネットって怖いよね」

「マイナスかなぁ。期間限定の彼氏て思っては、ダメ??」

「思うだけならいいんじゃない。誰かに言ったりSNSで発信しなければ。 」

また、ネットで誰かが批判しだしたから的に上がるのでは?という意見も。

たしかに度々ネット上では息子や娘の呼び方に対し「痛い!」という批判が度々上がる。

ネット掲示板を見ているとあまりにも批判が多く、子供に関する発言には細心の注意を払わなくてはならないのか?とも錯覚してしまうレベルだ。

安田美沙子自身もどこかで見たフレーズを深く考えずにパッと口に出してしまっただけかもしれない。

とはいえ姑が息子を「彼氏」と呼んでいたり、夫が娘を「彼女」と呼んでいたらちょっとゾゾっとする。

わが子が可愛いのは当然のことだが、アピールはほどほどにしておいた方が良さそうだ。

月島あおい (つきしまあおい)

日々芸能ネタを掲示板やニュースでチェックするのが日課のアラサーフリーライター。国内のみならず海外のゴシップネタにも興味あり。さまざまな視点から執筆活動を続けている。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ