fbpx

神田うの、気品はお金で買えない?和室で太もも丸出し写真に呆れ声

出典:神田うのInstagram@unokandaofficial

今月15日にタレントの神田うの(43)が更新したInstagramが注目を集めている。

この日、神田は「今朝パパが娘を学校へ送って行き自分の身支度をしていたら”ビックリニュースーー!”と電話がかかってきて なんと!学校がお休みでした お休みなのに学校へ行かせてしまったおっちょこちょいな母親です」と、学校が休みであったにも関わらず長女を送り出してしまった”うっかりエピソード”を告白。

そして、せっかく学校が休みなのだから「気を取り直しずっと連れて行きたかったお茶のお稽古に同行させる事に。昔からお稽古事は6歳の6月6日と言われていますから6月くらいにと思っていたのですが気付けばもう10月。そして1週間後に7歳になる娘。何はともあれ今日から始められて良かったです」と、以前から長女にさせたいと思っていた茶道の稽古に一緒に行ってきたことを写真を添えて報告した。

神田が長女の茶道の”お稽古デビュー”を報告したことについて、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。

やっぱり顔が不自然?お茶の稽古に”ショートパンツ”は非常識?

ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。

「顔がひきつってる!!」

「顔!!!」

「無理にアンチエイジングしなくていいよ」

「顔が不自然」

まず今回の投稿で注目されたのが”神田の顔”で、「不自然だ」という感想が並んでいる。神田がSNSで写真を公開する度に、この手のコメントが集まるのはもはやお決まりである。

そして、最もコメントが集まったのはお茶の稽古中の神田の”服装”で、このようなコメントがされている。

「短パンやめろ!茶道やってるんだけど、頼むから太もも隠してくれ」

「お茶の教室に行く格好ではないです」
「茶道を学ぼうとする服装ではないと思う。”礼儀”とか”礼節”を大事にしなくてはならないし、お師匠さんに失礼じゃないか?」

「お茶の先生は、こんな格好できたのに驚いただろうな」

「お茶のお稽古に短パン履いてくる人、初めて見た。しかも43歳のママだって……」

神田がショートパンツを穿いていることで畳の上で正座すると太ももが大きく露出してしまっていることから「非常識な服装である」と、厳しく非難されている。

神田はこれまでに何度も通っているようであり、教室自体がカジュアルなのかも知れないが一般的には理解し難い服装であったようだ。

セレブなのに……下品さに驚く?お金で気品は買えない?

神田を表す言葉として”下品”という感想が殺到していて、その”下品さに驚く”と感心するようなコメントも見受けられた。

「安定の下品感」

「なんでこんなに下品なの?お金いっぱいあるのに……この下品臭は消せないんだね」

「お里が知れる……と言いたいとこだが、この人より上流で育ってる人ってそんなにいないだろうにどうしてこうなった」

「この人よりお金はなくても、こんなに下品に育ってる人の方が少ない」

「お金で気品は買えないのね」

神田の実家が裕福であることはよく知られており、夫はパチンコチェーン店や不動産会社を経営する大企業の社長。

そして、神田自身もプロデュースしたストッキングが大ヒットするなど、実業家としても成功していることなどから”セレブ”であることは間違いない。

しかし、どうしても”下品さ”が目立っていることから「お金があるのになんでこんなに下品なの?」という疑問が浮かび、「お金で気品は買えない」という皮肉めいた感想がされているようだ。

神田がどれだけセレブな私生活をSNSで披露しても羨望の声がほとんど上がらないのもこの”驚くほどの下品さ”のせいなのかも知れない。

鳥井ハニ(とりいはに)

フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板