fbpx

浜崎あゆみファン「もっと露出させてほしい」と社長に懇願もネットでは冷ややかな声

出典:エイベックス株式会社 公式サイト「浜崎あゆみ」プロフィール

今月17日、歌手の浜崎あゆみ(40)のファンと浜崎が所属するエイベックス株式会社の代表取締役社長の松浦勝人氏(54)のTwitterでのやりとりが話題になっている。

浜崎のファンが松浦氏に送ったメッセージは以下の通り。

「浜崎あゆみさんですが、ライブだけでなくもっと新曲やメディア露出して欲しいです!あゆの素晴らしい音楽を昔のようにもっと今の若い世代にも広められないでしょうか…」

このファンからの”お願いツイート”に松浦氏が「考えてるから」という返信コメントを付けてリツイートしたことで注目が集まることになった。

松浦氏が浜崎のファンの”お願いツイート”に反応したことについて、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。

熱心なファンに同情する?あまり期待できない?

ネット掲示板ガールズちゃんねるには、このような声が寄せられている。

「熱心なファンがいてよかったね」

「近年ヒット曲がぜんぜんないし、ファンとしては心配になるわな。SNSは見た目がどうの、そんな話題ばかりだもんね」

「前にも本人と話してみますって言ってなかった?何も変わってないし、寧ろ酷くなっていってませんか?」

「前にも”なんとかする”みたいなこと言ってて野放しじゃん。今回もそうなんでしょ」

「こんなにプロ意識低いのに、会社ももうかばえないでしょーよ」

熱心なファンがいることは良いことだとされているが、浜崎がファンから心配されるような状況にあることについては同情するようなコメントがされている。

そして松浦氏に浜崎についての”お願い”をしたところで、状況は変わらないだろうという見方をしている人が多い。

と言うのも、浜崎の現状を見兼ねたファンが今年5月に「浜崎をどうにかしてほしい」と依頼していて、それに松浦氏が「本人とちゃんと話します」と返したことで変化があるのではないか?という期待が高まっていた。

しかし、その後も浜崎が話題になるのは”SNSで公開する写真の加工がすごい”などということばかりであった。

これでは、浜崎に関することで松浦氏になにをお願いしても変わらないというコメントが多いのも仕方がないだろう。

また、「もう庇えるようなものではない」というコメントからは、”なにをしても無駄”というような諦めが感じられる。

浜崎を知る機会があってもファンは増えない?

今回の浜崎のファンの”お願い”は、新曲やメディア露出を増やして若い世代に知ってもらいたいというものであったが、今の浜崎を広めたところで若い世代が興味を持つとは思えないというコメントが多く寄せられている。

「メディア露出を増やして今の若い世代にも魅力を広めてほしいと願うって、そんな事を本当に願ってんの??」

「デブった歌下手おばさんを若者が魅力的に感じる事ができるのだろうか?」

「そもそも魅力がないのにそれを広げるのは不可能」

そして、”今の浜崎”を広める前に他にするべきことがあるという意見も多い。

「まずはダイエットとボイトレをさせた方がいいよ」

「まずSNSをやめさせましょう!」

「残っているファンを大事にする方がいいんじゃないかな」

現在の浜崎が以前ほどの人気を維持できていないことには理由があり、まずは浜崎自身が変わらないことには浜崎を知る機会があったところで、新規ファンの獲得には繋がらないとされている。

また、集まったコメントを見る限りでは、年齢を重ねたことで声が出にくくなることや体型が変わることそのものには理解を示す人が少なくなかった。

しかし、プロであるならそれなりの努力は必要であり、プロ意識を感じるような活動をするべきだが浜崎にはそれが出来ていないと指摘されていた。

浜崎には、活動について所属事務所の社長に直訴してくれるファンの期待に応えるような活躍をしてほしいと思う。

鳥井ハニ(とりいはに)

フリーライター/「旬でなければネタじゃない」をモットーに、芸能ニュースを中心に執筆。世の中の関心事をすべて拾い尽くすことを自分に誓い、ワイドショーやバラエティー、ドラマのチェックは365日欠かさない。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ