fbpx

沢田研二、公演中止を自ら説明も批判止まず…「自分勝手」の声殺到

歌手の沢田研二(70)が17日に行われる予定だった公演を会場直前で中止した件について自ら理由を説明した。

さいたまスーパーアリーナで行われるはずだった本公演。

当日は15時30分開場17時開演だったものの、時間になっても入り口は開かず。

観客はすでに会場に集まっていたものの、16時頃にスタッフから「主催者と所属事務所などが協議を重ねた結果、中止が決まった」というアナウンスがあったという。

観客が集まっているにも関わらず直前にコンサートを中止にするという異例の事態。

その理由についても注目が集まっていた。

「ファンよりプライド優先?」沢田の言い訳に不信の声殺到

沢田は中止になったコンサートの翌日に記者の取材に応じ、経緯を説明。

それによると、事前に所属事務所とイベンター会社から9000人集客できると聞かされていたにも関わらず、実際に集まった観客は7000人だったという。

沢田はこの状況について、「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと」と語り、スタッフにも以前から「ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ」と告白。

また、「僕にも意地がある」と、中止を決断させたのは自身の歌手としてのプライドだしていた。

さらに沢田は取材に対し「さいたまスーパーアリーナでやる実力がなかった」としつつ「責任は僕にあります」としたものの、自分勝手な理由には違和感を禁じ得ない。

この経緯についてガールズちゃんねるには次のような声が集まっていた。

「ファンより自分のプライド優先なのね、ひどすぎる」

「たとえお客様が1人でも歌うのがプロだと思う。自分のプライドのために7000人のファンを傷つけて良いはずがない」

「時間やお金を費やし、楽しみにして来てくれたファンの気持ちは考えないのかな」

「来てくれた7千人のファンの前で精いっぱい歌うことのが本当のプロ。プロ失格だね」

「少ないファンならなおさらその人たちを大事にしなきゃいけないのに、自分のプライドが優先って絶対に間違ってる」

中には、コンサートを楽しみに地方から駆け付けたというファンの書き込みも見受けられたが、文面は怒りに満ちていた。

他のアーティストと比べる声も「X JAPANは無観客でライブした」

今回の中止の理由は「集客がなかったから」ということだったが、集客ができなくてもライブを敢行するアーティトは少なくない。

歌手の浜崎あゆみ(40)も集客に苦労しており、一部報道で空席が指摘されることもしばしば。

空席には機材を置いたりサブステージを設置したりなどしてカバーしているという。

さらに先月行われたX JAPANのライブでは台風によりライブが中止に。

しかし、YOSHIKIの強い思いからステージ自体は決行。

急遽ニコニコ生放送『YOSHIKI CHANNEL』で無観客ライブを決行し、称賛を集めた。

他のアーティストのこのような対応と比較して沢田をさらに批判する声も多く見受けられた。

「浜崎あゆみだって動員少なくなったと噂されても体調不良のとき以外は公演こなしてるよ。昭和のスターとは言え全盛期が30年以上前。目の前にいるお客さんを大事にしなきゃ」

「X JAPANは無観客でもライブ決行した。えらい違いだ」

「DA PUMPだってあのキャリアで『皆さんの前でやれっることがうれしい』っていってショピングモール回りやったんだからね。そういう精神があるからこそ再ブレイクできたんだと思う」

さまざまな物議を呼んだ今回のドタキャン騒動。

沢田の今後の歌手人生に影響する可能性も否めないが、果たして――。

 

福田綾子(ふくだあやこ)

フリーのウェブライターで主にエンタメ記事を手掛ける。映画、小説、ドラマ問わずさまざまなジャンルに精通。ネットサーフィンで情報を収集して旬の話題を見つけ、読者の目線に立った記事を執筆する。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ