地中海の絶景からおとぎ話の町まで!南イタリアのおすすめスポット

燦々と降り注ぐ太陽、絶景の地中海、カラフルな家々が続く海岸線。

レモンやオレンジがたわわに実る南イタリアは、温暖な気候と美しい自然に恵まれたヴァカンスのメッカです。

今回は、南イタリアの中心都市ナポリから、神秘的な青の洞窟、大人のリゾートが満載のアマルフィ海岸、そしてかわいすぎる世界遺産アルベロベッロまで、南イタリアを周遊するモデルコースをご紹介致します!

1:旅の始まりは古代遺跡が眠る「ナポリ」から

 

南イタリアを周遊する観光コース、旅の始まりは、紀元前7世紀からローマの植民地となったナポリから。

日本からナポリへの直行便はありませんので、ルフトハンザ航空でフランクフルト経由または、アリタリア航空でローマ経由などでアクセスしましょう。

 

ナポリ湾を囲むように広がる美しい港湾都市は、世界三大美港の一つ。

雄大なヴェスヴィオス火山と、この火山の噴火で埋もれた古代遺跡ポンペイのある町です。

到着初日は、ホテルにチェックインして、まずはナポリグルメに舌鼓。ピッツァ・ナポリターナ、プッタネスカ、フレッシュ・モッツァレラ・チーズはマストです!

 

2:死ぬまでに一度は見たい絶景「青の洞窟」

ナポリ観光2日目は、水中翼船で50分の距離にあるカプリ島へ。死ぬまでに一度は見たい絶景として知られる「青の洞窟」は、この島の観光名所です。

ティレニア海の宝石とも称される美しい島は、ローマ皇帝「アウグストゥス」の保養地として古くから開発されてきました。

今では、南イタリア有数の高級リゾートで、世界中からセレブが訪れます。

手漕ぎボートで行く「青の洞窟」ツアーは、潮の干満や風の強さなど、天候によって催行されない場合もあります。観光できる確率は夏のベストシーズンで80%ほど。

青の洞窟観光の費用は、14ユーロ。別途船頭さんへのチップが必要です。

お土産には、カプリ島の特産品はレモンを使ったお酒「リモンチェッロ」が人気です。

お酒が苦手な方にはキャンディタイプもありますので、ぜひ、お試しください。

3:地中海を望む高級リゾート「アマルフィ海岸」

続いては世界遺産に登録されたアマルフィ海岸の名所を巡ります。

ポジターノ

カプリ島から高速フェリーに乗って25分。アマルフィ海岸の人気スポット「ポジターノ」へやってきました。まずは、断崖絶壁に立ち並ぶ色とりどりの家々をフェリーの上から激写してください!

港に入ったら、街の中心地から徒歩15分の距離にある本日の宿「レ・シレヌーセ」へ。

翌朝は、ポジターノの名産品「マヨルカ焼き」の工房を回りましょう。

地中海特有のカラフルなデザインで、一枚でサマになる器がいっぱい。割れ物は持ち運びが少し心配ですが、旅の記念にぜひゲットしたいところです。

お昼には、レモンの木に囲まれた郊外のレストラン「Saraceno d'Oro」でランチはいかがでしょうか?

アマルフィ

ポジターノからSITA社のバスに乗って、続いての観光スポット「アマルフィ」を目指します。所要時間は約50分ですが、バスが時間通りに来ないこともしばしば。

スケジュールはゆったり目がおすすめです。アマルフィに到着したら、まずは今夜のステイ先「グランド・コンヴェント」へ。

アマルフィ海岸を見下ろす断崖絶壁に建つこちらのホテルは、修道院として使われていて歴史ある建物を改装したホテル。街の中心部まで500メートルほどと近く、徒歩でアクセスできるのが魅力です。

窓からは地中海の絶景を一望でき、夏はビーチでのんびり海水浴も楽しめます。

アマルフィ海岸最後の夜はホテルから徒歩3分の距離にある「Trattoria da gemma」へ。名物レモンリゾットが絶品です。

4:可愛すぎる町「アルベロベッロ」で世界遺産に宿泊!?

旅の最後は、長靴のような形のイタリア半島で、かかとの方に位置する「アルベロベッロ」へ、アマルフィからは、車で5時間ほどかかるので、午前中早めに出発します。

アルベロベッロに到着したら、まずは、世界遺産に認定された「トゥルッリ地区」へ。

とんがり帽子のようなかわいらしい屋根をかぶった真っ白な民家がズラリと並んでいます。おとぎ話の世界に迷い込んだような錯覚を味わえる観光スポットで、街をぶらぶらと散策するだけでも十分楽しめます!

観光が終わったら、本日の宿「ロマンティック・トゥルッリ」へ。

なんと、アルベロベッロでは、世界遺産の中に宿泊できるのです!名前の通り、おしゃれでロマンチックな内装なので、女子旅にもおすすめのホテルです。

過ごしやすい気候と美しさでおすすめな南イタリア

絶景のアマルフィ海岸と南イタリア3都市を周遊する観光モデルコースをご紹介致しました。

最後にご紹介したアルベロベッロからナポリまで戻る途中には、イタリアのもう一つの世界遺産「マテーラ」もあります。

洞窟住居が作り出す独特の景観が見どころですので、時間があれば、こちらも立ち寄って見てください。日頃のストレスを吹き飛ばしてくれる美しい南イタリアのリゾート地へ、のんびり出かけてみませんか?

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ