fbpx

東北の夏祭りはオリジナリティ溢れる土地の魅力が満載!東北ならではを感じられる7選をご紹介

東北地方の短い夏を彩る伝統的な夏祭り。

有名な青森ねぶた祭は一度は見てみたいお祭りではありませんか?

そのほかにも秋田竿燈まつり、仙台七夕まつりの三大祭りを筆頭に、全国的にも大変有名なお祭りが多数あります。

東北夏祭りを巡るツアーなども人気で、特に青森ねぶた祭りは毎年全国から300万人以上の人が訪れます。

今回は、2019年の夏に開催される東北夏祭りのうち、歴史ある有名な祭りを7選ご紹介。スケジュールの詳細日程や、同時開催予定の花火の打ち上げ情報も含めて、東北夏祭りの見どころをたっぷりお伝えします!

東北夏祭りの代名詞!「青森ねぶた祭り」

東北夏祭りの代名詞でもある「青森ねぶた祭り」。

ご存知の方も多いと思いますが、いかめしい顔をした武者や歌舞伎役者などをかたどった迫力満点の大灯篭が街を練り歩く、力強いお祭りです。大地を揺るがす「青森ねぶた祭り」のもう一つの見どころは、「ハネト」と呼ばれる踊り手たちが軽やかに跳ね踊る華麗な舞いにもあります。

「青森ねぶた祭り」の最終日には、夏の夜空を彩る豪快な花火も打ち上がり、海上運行と合わせて、圧巻のフィナーレをご覧いただけます!

実行委員会公認の衣装を着ていればどなたでも「ハネト」として祭りに参加できますので、「ラッセーラー」の掛け声を出しながら、一緒に祭りを盛り上げてください。スケジュールも長いお祭りですが、ツアーでは、メインとなる金曜からの3日間を観光するプランが多いようです。

開催日程: 2019年8月2日(金)〜8月7日(水)

日本一の七夕飾り「仙台七夕祭り」

日本一の七夕飾りが美しい「仙台七夕祭り」は、700年も続く、仙台の伝統行事。

豪華絢爛な七夕飾りは、一つ10mもある長い吹流しが突いています。メイン会場となる中央通りから東一番丁通りにかけては、約3000本にも及ぶ色とりどりのくす玉がかけられ、商店街はより一層華やかさを増します。

「仙台七夕祭り」は、伊達政宗公の時代から続くこのお祭りは、東北夏祭りの中でも最も華麗で優雅な祭りとして知られており、毎年200万人以上の観光客が訪れ、ツアーも大人気!インスタ映え間違いなしです!

開催日程: 2019年8月6日(火)~8月8日(木)

五穀豊穣と厄除祈願!「秋田竿燈まつり」

青森ねぶた祭り、仙台七夕祭りと合わせて東北夏祭りの三大祭りに挙げられる「秋田竿燈まつり」(かんとう)。

古くは「ねぶり祭り」とも呼ばれた伝統あるこのお祭りは、46個の提灯を下げた巨大な「竿燈」を腰や肩、額などに載せて街を練り歩きます。

高さ約12m、重さ50kgの竿を担いだ白足袋姿の男性たちが、山王大通りを中心としたメイン会場を通り抜ける姿は、大変幻想的でそれでいて力強さも感じられるお祭りです。

五穀豊穣と厄除祈願にもなる「秋田竿燈祭り」、スケジュールは3日間ありますが、ハイライトは3日、4日の2日間です。

開催日程: 2019年8月3日(土)~8月6日(火)

紅花をあしらった女たちの祭り「山形花笠まつり」

男性がメインとなる祭りが多い東北夏祭りの中で、女性の美しさが艶やかな祭りとして知られるのが「山形花笠まつり」。

「ヤッショ、マカショ!」の掛け声と、お囃子に乗って何万人もの踊り手たちが、紅花をあしらったかわいらしい花笠を片手に街を踊り歩きます。

「山形花笠まつり」は、「青森ねぶた祭り」「秋田竿燈まつり」「仙台七夕まつり」と合わせて、東北四大祭りにも数えられるほどの規模です。

また、花笠太鼓の力強い音色と、色とりどりの山車も見どころの一つ。2019年のスケジュールは平日3日間となりますので、少し旅行しづらいかもしれません。

開催日程: 2019年8月5日(月)~7日(水)

世界一の太鼓パレードが圧巻!「盛岡さんさ踊り」

和太鼓のリズムに合わせて踊る「盛岡さんさ踊り」は、盛岡藩の時代から続く躍動感あふれる東北夏祭りの一つ。

2014年には、「和太鼓同時演奏」記録で、世界一に認定されたこともあり、海外からのツアー客にも人気があります。

2019年の開催スケジュールは4日間で、祭り期間中は、一般参加や学校、職場グループなど、多くの人たちが参加してパレードが続きます。

一般観光客も参加できるイベントも多数ありますので、一緒に輪になって踊って盛り上がりましょう!

開催日程: 2019年 8月1日(木)~8月4日(日)

巨大ねぶたが復活!「五所河原立倭武多祭り」

「五所河原立倭武多祭り」は、明治時代に隣町からも見えたと伝承される「巨大ねぶた」が街を練り歩く迫力満点の夏祭り。

青森県津軽地方でこの祭りが最初に開催されたのは明治40年頃で、東北夏祭りの中では歴史はそれほど長くありません。

戦後の火災で一時は祭り自体が消失してしまいましたが、平成10年に80年ぶりに復活しました。

高さ20mを越えるねぶたは、青森ねぶた祭りにも引けを取らないスケール!開催スケジュールは4日間で、8月3日(土)の前夜祭では花火も上がります。

開催日程: 2019年8月4日(日)~8月8日(木)

東北夏祭り最大の花火の祭典「大曲全国花火競技大会」

秋田県大仙市大曲で春夏秋冬、それぞれのシーズンに開催される「大曲全国花火競技大会」。

日本全国から集まった花火師が自慢の技を競い合う伝統と格式ある大会です。芸術性の高い美しい花火は、東北夏祭りの最後を飾るのにもふさわしいイベントとなっており、ツアー客にも人気があります。

夏の「大曲全国花火競技大会」では、昼花火、夜花火、そして創造花火の3部構成でお楽しみいただけます。普段あまりお目にかかれない10号玉やカラフルな仕掛け花火など、趣向を凝らした様々な花火が晩夏の東北を彩ります。

開催日程: 2019年8月31日(土)

個性豊かな東北地方の伝統を堪能できる夏祭り

2019年の夏を盛り上げる東北夏祭りを7選ご紹介致しました。

「青森ねぶた祭り」「秋田竿燈まつり」「仙台七夕まつり」の三大祭りを筆頭に、熱気あふれる夏祭りが満載です。

オリジナリティ溢れる東北のお祭りは、東北地方ならではの伝統とそこでしか感じられない情緒をしみじみと感じることができるでしょう。

開催スケジュールが平日にかかる夏祭りも多いですが、お得に回るならツアー参加がおすすめです。今年の夏は、東北夏祭りで思いっきりはじけてみませんか?

(関連情報)

東京&神奈川の花火大会!7月・8月開催の電車で行けるおすすめ8選(2019年版)

関西のおすすめ花火大会!ドライブでも電車でも楽しめる7選をご紹介(2019年版)

都内でおすすめのおしゃれなビアガーデン8選!仕事帰りに行きやすく、くつろげるお店特集

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板