fbpx

冬のホットドリンクで温まろう!おいしい簡単レシピ5種類

寒い冬の季節に飲みたくなるのがぽかぽか温かいホットドリンク。

外から帰ってきてほっと一息つきたい時に、温かい飲み物を飲むと心が安らぎます。

また、家で飲むのはもちろん、保温性の高いボトルに入れて持ち歩けば、お出かけの際や仕事場でも手軽に体を温めることができます。

今回は簡単にできるホットドリンクのレシピをお届け!

簡単に手に入る食材で作れるものばかりなので、ぜひ参考に作ってみましょう。

おうちでカフェ気分が味わえる♪簡単レシピ3選

 

カフェのドリンクはおいしいですが、毎日飲むと費用がかさみがち。

市販品を使用して作れば、手早く、簡単、リーズナブルに作ることができます。

また、自分でトッピングを追加すれば、自分好みのメニューに変身!

こちらでは市販品を使ってできる簡単カフェ風レシピをご紹介します。

色々使える!レモンのハチミツ漬けで作るホットレモネード

 

レモンの輪切りが浮かぶおしゃれなホットレモネードです。

体を温めるのはもちろん風邪予防にも効きます。

また、レモンのハチミツ漬けは保存できる上に、紅茶に入れたり、お菓子作りにも応用できるのでぜひ作ってみましょう。

<用意するもの>

・煮沸消毒した瓶

・レモン1個

・ハチミツ200~300g

・お湯250ml

<作り方>

1. まずはレモンをしっかり洗った後に、水気をキッチンペーパーでしっかり拭き取ります。

レモンはへたを切り落とし、3~5mm程度とできるだけ薄切りに。

分厚くなると苦みが強くなるので注意。レモンの種はできる限り取り除いておきます。

2. 煮沸消毒した瓶にレモンを入れたらハチミツをひたひたになる高さまで注ぎます。

カビ防止に瓶はしっかり煮沸消毒し、水気をふき取ったものを使いましょう。

3. 冷蔵庫で一晩寝かせたらハチミツのレモン付けが完成。

1週間ほど冷蔵庫で保存し、時々降ってあげるとさらにまろやかになります。

4. ホットレモンを作る場合は、瓶に雑菌が入らないように清潔なスプーンですくってカップに入れます。

普通の甘さなら大さじ1、甘めなら大さじ2を入れて、沸かしたお湯を250ml注いだら完成です。

市販のチョコレートシロップで簡単ホットチョコレート

Chocolate カフェと言えば甘くておいしいホットチョコレートが大人気!

とはいえ、普通に作ろうとするとひたすら鍋をかき回すのでかなり面倒なのが難点です。

ですが、市販のチョコレートシロップを使えばあっという間にホットチョコレートが作れます。

甘さも好みに合わせて調整可能なのでぜひ作ってみましょう。

<用意するもの>

・市販のチョコレートシロップ大さじ3杯

・牛乳150ml

・市販のホイップクリーム適量

・ココアパウダー適量

・お好みで洋酒数滴

<作り方>

1. 牛乳を耐熱カップに注いだら、チョコレートシロップを牛乳の中に入れて軽く混ぜます。

2. ラップをかけて電子レンジに入れたら、500wで2分ほど温めます。

鍋で温める場合は牛乳とチョコレートシロップを入れ、温めながら泡だて器で混ぜ、沸騰する直前で火を止めます。

かき混ぜることで膜が張らず、カフェのようにフワフワになります。

3. 最後にお好みでホイップクリームを上にのせて、ココアパウダーを茶こしで振りかけたら完成です。

また、ラム酒やブランデーと言った洋酒を少しだけ入れると大人の味に変身します。

とろけるマシュマロがやみつき!マシュマロホットココア

 

とろりと溶けるマシュマロが浮かんだマシュマロホットココア。

市販のココアとマシュマロを組み合わせることで簡単に作れます。

マシュマロの形やトッピングを変えることでキュートに仕上がるのでぜひ作ってみましょう。

<用意するもの>

・ココア小さじ3杯

・牛乳120ml

・マシュマロ2、3個

・お好みでココアパウダー、チョコレートシロップ適量

<作り方>

1. 耐熱カップにココアを入れ、牛乳を少量ずつ注ぎながら混ぜ合わせる。

上にマシュマロを乗せるのでカップより少なめの量を注ぐ。

2. マシュマロを数個好みの量上に浮かべる。

ハート型やミニサイズなど様々な種類を使うと可愛く仕上がります。

3. 電子レンジで500wで2分弱ほど温める。

温めすぎるとマシュマロが溶けすぎてしまうので、様子を見て軽くマシュマロが溶けたところで温めを止める。

4. 仕上げにココアパウダーや、チョコレートシロップを振りかけるとよりカフェ風に。

生姜パワーで寒さを吹き飛ばす!おすすめレシピ2選

 

冬の季節につらいのが風邪や、女性に多い冷え性です。

生姜には風邪に効く抗炎症作用や、胃腸を整えてくれる作用、血行を良くして冷えを解消してくれる作用があります。

さらに体を温めて低体温を改善させることで、脂肪を燃焼しやすくなり、ダイエットにも効果的と言われています。

そんな生姜のホットドリンクは女性の強い味方!ぜひ作り方をマスターしておきましょう。

生姜チューブで簡単♪生姜紅茶

体を温めてくれる生姜紅茶は風邪を引いてしまったときにも効果抜群!

生姜をすり下ろすのが面倒、すりおろし器がないという場合に便利なのが生姜チューブ。

そのまま紅茶に入れるだけでできるので、体調が悪い時にもさっと作れます。

<用意するもの>

・生姜チューブ1~2㎝

・紅茶のティーバック(くせのないタイプがおすすめ)

・お湯250ml

・お好みでハチミツ小さじ1

<作り方>

1. まずは紅茶のティーバックにお湯を注いで紅茶を作ります。

2. 生姜チューブを1~2cm程度、紅茶の中に入れてかき混ぜます。

3. 生姜の辛さが苦手な方はハチミツを少量加えることで、辛さが和らいで飲みやすくなります。

ハチミツには強い殺菌採用もあるので風邪にも効果抜群です。

生姜は下に溜まりやすいのでスプーンで時々かきまぜながら飲みましょう。

とろみがついて飲みやすい!生姜くず湯

 

生姜の辛さが苦手という方におすすめなのが生姜くず湯。

とろみがついているので喉に引っかからず、するりと飲むことができます。

また、自分好みに生姜の量を変えることもできるのでぜひ覚えておきましょう。

<用意するもの>

・すりおろした生姜小さじ1(生姜チューブ2cmでもOK)

・水200ml

・くず粉小さじ1

(なければ片栗粉小さじ1でもOK)

・お好みでハチミツ小さじ1

<作り方>

1. 鍋にお水とくず粉、すり下ろした生姜を入れ、中火にかけたらヘラでひたすら混ぜる。

少し手間ですが、しっかり加熱することでくずのとろみがきちんと出ます。

ポットのお湯で溶かす場合は、熱量が足りない場合があるので、様子を見ながら電子レンジで再加熱しましょう。

2. 全体的にとろみがついてきたら火を止め、カップに注いで出来上がり。

お好みでハチミツを加えると甘くなって、さらに飲みやすくなります。

ポカポカあったかドリンクで体を温めよう

 

今回は体を温めてくれるホットドリンクの作り方をお届けしました。

市販品を上手に活用することで、簡単に手早く作ることができます。

料理を普段しない方や、料理初心者の方でも失敗せずに作れるのでぜひチャレンジしてみましょう。

ご紹介したレシピを参考に、寒い冬は温かいホットドリンクで乗り切りましょう。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板