「若作りしすぎ!」アラサーが注意したい地雷ファッションとは?

久しぶりに友達と会ったら「若作りし過ぎ!」と思わずつっこみたくなること、ありませんか?本人はいつも通りのファッションのつもりでも、客観視って意外と難しいもの。

体調が悪い、顔色がさえないなど、アラサー女子になると「その日それを着こなせるか」まで含めて考えたいもの。

今回はアラサーが注意したい地雷ファッションをまとめました。

数年前に買ったピンクやガーリー花柄

数年前に買ったピンクのアイテムを久しぶりに身に着けるときは要注意です。

ピンクは実は様々な色味のある奥深い色ですが、若い女性が身に着けるピンクはアラサーになるとイタい印象を与える危険があります。年齢を経ても似合うピンクはどれか、きちんと吟味して取り入れてください。

花柄も考えて取り入れないといけないアイテムの一つ。ガーリーな花柄は顔色が悪い日などには痛々しく見えて笑われてしまいます。

自分で若作りだと思っていなくても、毎年自分が変わっていくことに気づかないまま例年と同じピンクや花柄を選択していたらそれは若作りになってしまいます。

生足(なまあし)活かし

生足に自信があってもアラサーになったら、露出は控えめに。芸能人やモデルなどがアラサーでも生足を出しているのと同じ感覚で私も大丈夫だろうと思ってはいけません。

「『私は足が自慢!』て言わんばかりのミニスカはもうやめて……」(学生/23歳)

足を褒められてきた女性ほど、中年になっても短いタイトスカートに生足で闊歩していたりしますが、はたからみると「あの人、生足出して必死だな」と思われる確率が高いです。自分らしいスタイルなんだ、と開き直るのは勝手ですが、周囲をギョッとさせてしまうのはお忘れなく。

大人はちゃんとストッキングを着用。そして計算した年齢ジャスト丈のスカートのほうが「好感度が高い」のです。

攻めたネイル

ネイルに凝っていることをひたすら見せたがる女性がいますが、男性からすればどうでもいいことです。特にアラサー女性がそれをやっているのは笑われてしまいます。

「長い爪にギラギラがいっぱい付いている。魔女みたい」(メーカー36歳/営業)

実生活に支障が出るほどのデコネイル、長いネイル、おまけにちょっと手入れが行き届かず伸びすぎちゃいました……なんて、アラサー女子としては卒業したいもの。

極論すると、普通の男性が女性の爪に求めるのは「清潔感」のみです。

リボンやフリル、フリンジ

洋服はもちろん、アイテムや髪飾りなどについている大きなリボンやフリルはアラサー女子には向いていません。

甘々なデザイン・ブリブリ感は若作りを象徴して、浮かれているように思われてしまうということを肝に銘じましょう。

ファッション感度の高いアイテムに時折ひっついているフリンジも、流行ど真ん中でなくなると「昔アイテム使ってます」という印象に。

こういうものは出来れば思い切って取り外して、思い出に。

キティちゃんなどのキャラクター

iPhoneケースや手鏡など、キャラクターグッズを使っていると「若作り&キャラ作り女子」だと思われます。キティちゃんやミニーちゃんをいつまでも卒業できていないと思われてしまいます。

キャラクターグッズはなるべく持ち歩かないのが大人の女性です。アラサー男子が仮面ライダーやスパイダーマンのiPhoneケースを使っていたら引きますよね?

女の子がいるアラサーママはけっこうキャラクターグッズを使いこなしていたりします。反対に独身のアラサー女子が「このひと子持ち?」と思われてしまうこともあるのです。

大人の服、ちゃんと着こなせる?

アラサー女子は立派な大人の女性です。

自分がアラサーだということをきちんと折り合いをつけて認識する事。似合っていれば許せる部分もありますが、あまりにも自分が客観視できていないとドン引きされます。

周りの目があってのファッションなので、好感度や清潔感を重視したコーディネートをしていきましょう。

この記事は参考になりましたか?
  • なった! 
  • ならなかった...... 
続きを読む
関連記事

【男性限定】女性の料理の腕と性格、どちらを選びますか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...