職場サバイバル!キャリア女の敵は男?女?

I美はシステムエンジニア28歳。男性ばかりの職場で、女性というだけで気遣われることに甘える一方、反発も覚え始めていた。

ハードな職業とソフトな職場

システムエンジニアは、いまだに「コンピュータ関係の横文字の職業でかっこいい」と思う人や、「数字や暗号を書いてる」など、仕事内容に漠然としたイメージがつきまとわれている。

オフィスで一日中パソコンに向かうものの、システムエンジニアが扱うのはスーパーのレジや電車のダイヤなど、生活の最前線だ。

残業や休日出勤の多いハードな職業で、女性の割合は少ない。

実際、課では紅一点のため、I美は男性社員にちやほやされている。

その環境がI美にとっては良くもあり悪くもあるという。

シンデレラから意地悪な継母に?お局様と呼ばないで!

「女の子なのに遅くまで残って大変だろう」
「コーヒー淹れてくるよ」

だが、臨時に雇った派遣社員やバイトに若い女の子がいると、途端に見向きもされなくなるという。

I美が彼女達に少し仕事上の注意をしただけで、男性社員はI美を「お局様」呼ばわり。

若い彼女達の味方になってI美を責める。

「なら顔採用で使えない子とるな!って話よね」

あからさまな男性陣の態度に、I美の仕事へのモチベーションは下がってしまう。

男性社会で生きるメリット、その結果

若い子がいると自分の女としての株が下がる――

彼女達と張り合うつもりはないが、不当に扱われているという気持ちにI美はなった。

これまで女性であるためにI美は甘やかされてきたが、今となってはその扱いを歯がゆく思う。

システムエンジニアとしての実力ではなく、性別を加味されて仕事を評価されてきたのではないかと、自分のキャリアへの自信が揺らぐ。

この職場でこれからもやっていけるだろうか――I美は冷静に考えた。

女が嫌う女、女が目指す女

若い子達はあくまで臨時で雇っているだけで、すぐにいなくなる。

彼女達がいなくなっても男性社員からI美の「お局様」のイメージは消えないだろうが、女性がI美一人になれば、彼らの態度はまた軟化するだろう。

第一、「お局様」と呼んでくるのは男性社員のみである。 若い子達は立場上、彼らに同調しI美に恐縮しているだけである。

彼女達は知っているのだ。いずれ年齢を重ね、自分達もI美と同じ立場になることに。

若さをウリにする女はひがみの対象になるだけだ。

同性から好かれるのは、性別に媚びない、年齢に見合ったキャリアを持つ「仕事のできる女」である。

「お局様でいいじゃない」

そう呼ばれるだけの勤務経験も実績もあるのだから、とI美は前向きに気持ちを切り替えた。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ