fbpx

甘い物好きに朗報!チョコレートでダイエットできるって本当!?

カカオポリフェノールって何?

カカオポリフェノールとは、ココアやチョコレートの原料のカカオ豆に含まれるポリフェノールの成分です。

カカオ豆の苦みに含まれ、カカオの豆(木の種子)を発酵、乾燥させて種の皮を取り除きローストした後にすりつぶしたものが、チョコレートの原料でカカオポリフェノールです。

カカオポリフェノールの何がいいの?

カカオポリフェノールには強い抗酸化作用があります。赤ワインに含まれるポリフェノール以上だと言われています。

悪玉のコレステロールを少なくしてし、血液をサラサラにしてくれます。虫歯の原因になるミュータンス菌を抑制するので、虫歯予防の効果も期待できます。

また、ストレス解消の効果も認められているので、イライラ防止にも役立ちます。

さらに、食物繊維も含まれているので便秘の予防、代謝アップが期待できます。ダイエットをするときに役立つ成分も含まれていますね。

カカオポリフェノールが含まれている食品?

板チョコ、チョコレート菓子なとチョコレートが使われているもの。ココア飲料など。

~美魔女のささやき~

カカオの学名はあおぎり科・テオブロマ属・カカオといいます。テオブロマとは「神様の食べ物」という意味です。古くはマヤ文明の初期からカカオが栽培されていました。当時は貴重なものとして珍重され、身分の高い人だけが元気になる飲み物として少量飲まれていました。

「チョコレートダイエット」というダイエット法があります。一日50gのチョコレートを、一日3回の食前に食べるダイエット法です。チョコレートを食べると血糖値が上昇しますので、自然に食べる量が少なくなる、というものです。

でもこれはカカオ含有量が70%以上でないと効果がありません。普通の甘いチョコレートとは違います。かなりほろ苦い味です。

普通の甘いチョコレートでは、糖質も脂質もとり過ぎてしまいますので意味がありません。チョコレートが大好きでやめられない人のダイエットには、向いているかもしれません。

食前にチョコを食べるだけですから簡単ですが、チョコレートを食べた後の食事はバランス良く食べることを忘れないでくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板