fbpx

枕じゃなかった!アレを着て寝れば睡眠の質がグンとUPする

より良い睡眠を得るカギは「パジャマ」にアリ!

あなたは自分の睡眠に満足していますか?

ワコールが調べたデータによると、およそ7割もの人が「睡眠に満足していない」と感じているようです。朝いつまでも眠たかったり、怠さや寝覚めの気分が悪かったりという人も多いのではないでしょうか。睡眠が不足すると元気が出ないだけでなく、昼間の集中力が散漫になります。他にも、肌が荒れや体調不良の直接的な原因にもなってしまいます。

リラックスさせ、安眠モードにするのは「パジャマ」!

布団に入ってからも目が冴えて眠れない……そんな経験はありませんか?

これは体や脳が「寝るモード」に切り替わっていないことが一因で起こる、入眠困難の一種です。パジャマは体を締め付けないような作りになっていますので、血行も良くなり、体をリラックスモードに切り替えることができます。結果、入眠時間の短縮に大きな効果を発揮してくれるのです。

また、毎日夜寝る前にパジャマを着る習慣を付けると、パジャマに着替えただけで体が「あ、もう眠るんだな」と寝るための心の準備を始めます。このスリーピングセレモニーは、布団に入ってから眠りにつくまでの入眠時間を更に短縮します。

睡眠の質を高め、夜中目覚めにくくする効果も

夜中に目覚めてしまうと、それからなかなか寝付けず、寝不足に陥ってしまうこともあります。

パジャマは、夏は熱を逃がし・冬は体を温めるように働くので、睡眠中に寝苦しい暑さや寒さで目を覚ます回数を減らしてくれます。また楽な体勢で眠れるので、睡眠中も動きやすく、「寝返りをしやすい」という点も良い睡眠と起きた時のスッキリ感に大きく影響を与えます。

寝返りをすることは日中の体の歪みを矯正したり、睡眠中に一部の筋肉ばかりに負担をかけないようにする効果があります。また、浅い睡眠(レム睡眠)から深い睡眠(ノンレム睡眠)へと切り替わるスイッチのような役割をするとも考えられています。このため、寝返りをしやすいパジャマで眠る事は、より質の高い深い眠りを得る為にもとても効果的なのです。

パジャマに着替えることを少し面倒に感じる人もいらっしゃると思います。しかし、どんなに正しい食生活や毎日の運動に気を遣っていても、睡眠が疎かになってしまっては満足な効果を得ることは難しくなります。質の良い睡眠を取ることは、美容にも健康にも欠かすことのできない大切なものです。

もし、日々の眠りに満足感を得られないと感じていたなら、ぜひパジャマで休んでみてはいかがでしょうか。リラックスした質の良い快眠をして、明日の元気をたくさん充電してくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板