fbpx

ダイエットが間に合わない!「ぽちゃ女」がモテる夏の3つの着やせ術

5月なのに真夏日が続くなど、今年は早くから暑くなってしまいましたね。「夏までに痩せてキレイになろう!」と思っていたのに早くから肌を露出しなければならず、焦っている人もいるのでは。でも、ファッションで着やせは可能です!

今回は、体型カバーファッションを部位別にご紹介します。

たぷたぷ振り袖な「二の腕」には袖がポイント!

長袖シーズンは誤魔化せていた二の腕ですが、夏は隠すことができませんよね。

そこでキーポイントとなるのが、袖の部分。五分丈とはいいませんが、少し長めのものがオススメ。暑いしシルエット的に気に入らないようならば、短くても袖口が大きいものを選ぶとグッド。中途半端な長さでぴっちりした半袖を着るくらいなら、ノースリーブの方がまだ痩せて見えます。

また、おすすめなのが、首回りが大きく空いているトップスを着たり、やや大ぶりのネックレスをつけること。首回りを目立たせることで、二の腕に視線が行くことを回避出来ます。

激太なダイコン脚にはトレンドのあのアイテム!

ショートパンツから伸びる細くて長い脚には憧れてしまいますが、現実は大根のようなズドンとした脚。そんなお悩みを抱える人にオススメなトレンドアイテムが「フレアスカート」と「ガウチョパンツ」です。

フレアスカートはふんわりと広がった裾が脚を綺麗に見せてくれます。特に膝が隠れるくらいの長さのものを選ぶと細く見えますよ。しかしこのときレギンスやトレンカなどを着ると、一気に野暮ったくなってしまうので気をつけて下さい。

トレンドの「ガウチョパンツ」も脚やせ効果があります。ワイドな裾から覗く脚の細い部分が華奢な印象を与えます。脚のラインを隠せる上に、オシャレ感が演出できると嬉しいですよね。

タヌキみたいなぽっこり下半身には

ぽっこりおなかが気になるからいつもゆったりしたワンピースで誤魔化してるけど、もっとファッションを楽しみたい!そんなあなたはハイウエストのボトムスに、トップスをインしちゃいましょう。おなかがキュッと見える上に、脚長効果まで期待できます。ベルトも付けると更に引き締め効果がありますよ。

また、大きなお尻がコンプレックスの女性に意外にも「タイトスカート」がオススメ!お尻がクッキリ浮き出てしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、コーディネート次第でスッキリ見せることが可能です。

ボトムスがタイトな分、トップスはゆるめでショート丈のものを選ぶとメリハリが出てオシャレ。どうしてもお尻が気になるなら腰にパーカーやシャツをザザッと巻き付けると、着やせ効果に加えこなれ感も演出できます。

コンプレックスにうじうじ悩んでいても仕方ありません!自分の体型を生かして、恋も堂々と楽しんじゃいましょう!

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板