fbpx

アメリカで年間プロポーズが一番多い日がバレンタインデーだって知ってた?

あと少しでバレンタインデー。日本では「女性から男性にチョコレートをあげる日」として定着しています。最近では「友チョコ、逆チョコ」のようなバリエーションも増えてきているので、よりイベント感が高まっているような気がします。

でも、そもそもバレンタインデーって何なのでしょうか?そして、世界のバレンタインデー事情って、どんなものなのでしょうか?

そもそもバレンタインデーって何?

「バレンタイン」とは269年2月14日にローマで殉教した聖ヴァレンタイン司教の名前が由来となっています。

当時のローマでは、兵士の士気低下を防ぐためにキリスト教や結婚が禁止されていました。しかし司教は、それでも結婚を望む恋人達のために結婚式をとりおこなっていたのです。この事実を知った皇帝クラウディウス2世は彼を投獄、処刑しました。

このエピソードから、バレンタインデーは「男女の愛の誓いの日」と言われるようになったのです。

日本のバレンタインデーの歴史

日本では、女性がチョコレートを男性に渡し愛を告白するという慣習が根付いています。その起源は諸説ありますが、広く浸透するようになったのは、1965年に新宿・伊勢丹百貨店が行った「バレンタインには女性から男性へチョコレートを贈りましょう」というキャンペーンだったと言われています。ここで”女性から”と言ったのは、百貨店のメイン客層が圧倒的に女性だったことが大きく関係しているそうです。

そして日本独特なのが、ホワイトデーと義理チョコの存在です。ホワイトデーの起源は、和菓子屋・石村萬盛堂がバレンタインデーの返礼としてマシュマロデーを開始したことだった、とされています。

世界のバレンタインデー事情

世界では、バレンタインデーと言えば男性が女性にプレゼントする傾向が強いようです。そんな海外のバレンタイン事情をご紹介。

アメリカ~なんと年間一番プロポーズが多い日!~

カップルや夫婦が愛を深め、感謝を伝える日として浸透していいます。特に男性にとっては重要な日です。その理由は、6~7割の男女がバレンタインデーに婚約するから!その結果、年間で最もプロポーズが多い日となります。サプライズの演出がしやすいという利点があるからのようです。

ヨーロッパ~やっぱりロマンティック!~

チョコレートを贈る習慣が生まれたイギリスでは、なんと匿名でプレゼントを贈るとか。ちょっとした駆け引きのようで、楽しそうですね。そして愛の国イタリアでは、ヴァレンタイン司教を偲ぶ祭日とされ、宗教行事の一つとして認識されています。プレゼントは、男性が女性に花束を贈るのがメジャーです。一緒に旅行に行ったりもすることもあるそうです。

アジア~プレゼントの定番は花束~

日本同様に盛り上がるのがお隣韓国。日本同様に女性から男性へチョコレートを贈るということがメジャーです。バレンタインデーの熱狂ぶりは日本以上とか。 一方、中国では欧米のように男性から女性へバラの花束やチョコレートをプレゼントすることが一般的です。なお、贈るバラの本数で意味合いが変わるそうで、11本は「あなただけ」、99本は「永遠に愛しています」、108本は「結婚してください」だそうです。

いかがですか?日本では女性のイベントとして浸透していますが、ぜひ男性からもアクションを起こしてもらいたいですね。

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ