fbpx

恋愛がうまくいかないのは「見た目」のせい!?モテるコーデ術5選

初詣でお参りもしたし、いろんな 恋愛 コラムも読んでるのに、なんで私の 恋愛 はうまくいかないの!?そう悩んでいる女子はたくさんいるのではないでしょうか。

縁結びの効果があるとして絶大な人気を誇る都内の某神社。そこで働く宮司婦人の話によると、 恋愛 が上手くいかない理由はあなたの「見た目」が大きく関係していると言うのです。そこで今回、今すぐ使いたい視覚的モテテクをご紹介します。

髪型「ふわふわの長い髪」

宮司婦人によると、オシャレなショートヘアやスッキリくくったアレンジヘアも良いけれど、男性が一番惹かれるのはロングヘアの巻き髪だそうです。風に髪がなびくと何故かときめいてしまう、という心理は昔から変わらないのでしょうか。長い髪は女性の象徴。そんな女性ならではの髪型に、男性は無意識のうちに惹かれてしまうのかもしれませんね。

髪が短くてなびかない!と言う人は、コテを使ってエアリーな丸みのある髪型を作ってみましょう。ショートヘアやボブヘアでも女性らしさが増しますよ。

簡単にふわふわヘアが作れるコテは、恋の必須アイテムですね。

コート「白かベージュか淡いピンク」

冬になると黒やグレーなど、地味なカラーを選びがち。しかし、コートの色も恋に影響が。特にグレーはお墓の色、カーキーは戦いの色、黒は喪服を連想させるので恋愛には良くないそうです。

恋を成就させたいのならコートは白かベージュか淡いピンクがオススメ。雰囲気も明るくなり女性らしさもアピールできるカラーなのだそうですよ。また、白やベージュや淡いピンクは汚れが目立ちやすい色ではありますが、汚れやすいと意識することでしおらしく女らしいしぐさにもなれますよね。

さらに白などの明るい色は、レフ板の効果も果たしてくれるので顔色を良く見せてくれる効果も。健康的で美白な女性をアピール出来そうですね。

ボトムス「 恋愛 にパンツは御法度!スカートはマスト」

寒い日は暖かいパンツスタイルがいい……。それが冷え性に悩む女性の意見。しかし、恋をしているのならオシャレには我慢が必要ですそこで、パンツよりもスカートを進んで選びましょう。

宮司婦人の話によるとスカートは女性らしさを強調する他に、学生時代の制服を彷彿とさせるそうです。そのため、青春時代の感覚を思い出し、恋をしてしまう男性も多いのだとか。

「今日は会社に行くだけだし、パンツでいっか」という考えでは、なかなか新しい恋が出来ない可能性があります。いつ運命の人と出会っても良いように日々スカートを穿く努力をしていきましょう。

靴「足元には適度なヒールを」

スニーカーやぺたんこ靴が流行している昨今、デートでもヒールは必須ではなくなりました。しかし、やはり女性らしさを強調したいのならヒールを履きましょう。脚がキレイに見えるだけじゃなく、無意識にエレガントな歩き方になりますよ。

ヒールはヒールでも、高すぎるものは男性よりも背が高くなってしまったり、慣れていないと転んでしまうので注意が必要。ぺたんこ靴ばかり履いているという人は低いものから徐々に慣らしていきましょう。

カバン「小ぶりな手提げバッグ」

最近は、両手が空く斜めがけのカバンやバックパックタイプのカバンが人気です。また、たくさん入って肩にも掛けられるトートバッグも人気。しかし、両手が空くことにより腕組みをしやすくなります。これは相手を威嚇するポーズなので、男性に無意識のうちに敬遠されてしまう恐れが。また、寒さからポケットに手を入れながら歩いてしまうと、だらしないイメージがつきやすくもなります。そこで、手提げバッグで常に手に何かを持っているようにしましょう。

小ぶりなカバンのほうが女性らしさがあり、かわいらしさもアピールできるという利点も。さらに、カバンの中身もごちゃごちゃしないのでオススメ。

しかし、これらのファッションを心がけても年齢をごまかすことは最大のNGポイント。歳相応の格好をすることが一番大事なことなのだとか。

恋愛成就を願う数多の女性を見てきた宮司婦人。信じるか信じないかはあなた次第ですが、恋愛がなかなかうまくいかないという人は是非参考にしてみてください。

【関連記事】

う~わ、ブラ紐はみ出てる!夏にモテ度が急降下する「イタ女」コーデ

デニムと相性抜群!アラサーにしかできない「ミニスカ」ファッション

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
恋愛相談はコチラ