fbpx

60%の独身女子が家でまったり正月…今すぐ頭を切り替える方法3つ

次の連休は……3月!?

大人になると、食っちゃ寝飲んじゃ寝でお 正月 を過ごす人も多いはず。そういえば1日中こたつに入っていた、なんて心当たりはありませんか?

つい最近も成人の日のために連休となり、お 正月 モードが抜けきっていない人は多いはず。しかし、恐ろしいことに次回の連休は3月!

今年の建国記念日(2月11日)は土曜日のため、その次の祝日である春分の日(3月20日)まで連休がない人がほとんどなのです。

まったりしている暇はありません。ここでは、お 正月 モードから頭を切り替える方法をご紹介します。

圧倒的多数はお 正月 に「家でまったり」派

1位 家でまったり…330人
2位 仕事ですが何か?…80人
3位 初売りやバーゲンへ参戦…64人
4位 彼とデート・旅行…39人
5位 イベントや飲み会がぎっしり…23人

DOKUJO読者を対象に行ったアンケートで、「お正月はどう過ごしたか」を聞いてみました。結果は上記のとおり、330人と圧倒的多数を占めたのが「家でまったり」。

「仕事ですが何か?」と答えた80人に対しては少々申し訳ない気持ちになりますが、やはりお正月は家の中でゆっくりのんびり過ごしたい人が多いようです。

しかし、そこから切り替えられずに仕事や生活に影響が出てしまっては、楽しかった思い出も台無し。年度末に向けて忙しくなる日々を乗り切るため、すぐにできる簡単な方法でシフトチェンジをはかりましょう!

生活リズムを整える

寒い朝にはふとんから出るのがおっくうで、ついダラダラと二度寝してしまいがち。しかし、ここは思い切って起き上がり、カーテンを開けて日の光を浴びましょう。日光を浴びることで体内時計がリセットされ、規則正しい生活へ近づきます。

休日に寝だめなどはせず、できるだけ夜更かしもしないこと。子どもの頃から言われていた早寝早起きは、大人になった今でも有効な手段です。

ジム通いやランニングで体を動かすのも、気分がすっきりしておすすめ。体がほどよく疲れるので、夜もぐっすり眠れます。正月太りにも効いて、一石三鳥と言ってもいいでしょう。

こたつをしまう

正月

「まだ寒いじゃん!」と反論されそうですが、こたつこそ魔のアイテム。そこに入った人間は、トイレやお風呂といった社会生活に欠かせない行動ですらおっくうになってしまうのです。こんな魔物が家の中にいるようでは、切り替わるものも切り替わりません。

ここは一念発起してこたつをしまい、テーブルだけにしてしまいましょう。そうすれば、ムダにダラダラすることなく時間を過ごせます。みかんやお菓子をつい食べ過ぎることもなくなりますし、うとうとしてカゼをひくのも防げます。

楽しみな予定を入れる

合コンやライブ、旅行など、楽しみな予定があると「あと〇日!」「〇〇が待ってるからがんばろう」とプラス思考になりませんか?それならば誘われるのを待たずに、みずから予定をバンバン入れるようにしましょう。友だちと予定が合わなくても、観劇やショッピングなら一人でも楽しめますよね。

春に使う洋服やバッグを買うのも、未来が楽しみになっておすすめ。春先に咲く花を育てたり、お花見スポットを調べたりしても前向きになれます。楽しんでいるうちに、正月ボケはどこかへ飛んでいっているはず。

寒い日が続きますが、春が近づいているのも事実。切り替えて毎日を楽しく過ごせるよう、少しだけ工夫を重ねてみてくださいね。

■調査地域:全国
■調査対象:DOKUJO読者
■有効回答数:536サンプル

 

【関連記事】

寝正月、家族と……「お正月どう過ごした?」アラサー女子100人に聞いてみた

手遅れになる前に!お正月に増えた体重を戻す5つの簡単な方法

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?
この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板