「合わない」は思い込み?アラサー独女と気の合う女友だち3タイプ

年齢を重ねるごとに友だちの数が減ってきた、と感じることありませんか。就職、結婚、出産などを機に女友だちと疎遠になってしまうというのは、女の人生ではある意味、避けて通れない道なのかもしれません。

少しでも女友だちを大事にしていきたいアラサー独身女子が、自分から交友関係を断ち、「こういうタイプの子とは合わない」と決めつけてしまうのは、自身の視野や価値観を狭めてしまうだけのもったいない行為。

思い切って、もっと気楽に人間関係を楽しんでみましょう。そこで今回は、独身女子との相性が良い意外な女友だちのタイプについてご紹介します。

価値観がまったく真逆の女友だち

恋人であれ、友だちであれ、人は自分と似た価値観の人に好意を抱きます。そのため、価値観がまったく真逆の人と出会うと「理解し合えない」と頭から距離を置いてしまう傾向があります。

でも価値観がまったく真逆の女友だちこそ、独身女子が仲良くすべきタイプの相手。価値観がまったく真逆の女友だちは、自分の交友関係を広げ、他人を見る目に変化を与えてくれる存在となるのです。

たとえば、交友関係が広く、恋愛にも積極的な「パリピ女子(パーティーピーポー)」と、卑屈になりがちで恋愛にも消極的な「こじらせ女子」。

一見、相性最悪で、お互い敵対心を抱きそうにも見える組み合わせです。ところが、この二人が友だちになると、今まで出会う機会のなかったタイプの人たちと知り合う機会が増え、お互いの交友範囲がびっくりするほど広がります。

なにより、「自分とは別の世界で生きている」と決めつけていた相手をよく知ると、意外な一面や素敵な一面を見ることができます。「見た目や偏見だけで人を決めつけてはいけない」という当たり前のことを再確認することができるのです。

年の離れた20代前半女子

012025

アラサー独身女子と20代前半女子には、あまり接点がないうえ、仕事や恋愛に対する考えに違いがありすぎて、驚くことも多々あります。

もしかすると、社会経験が浅くまだまだ甘い、と20代前半女子を心のどこかで見下してしまうアラサー独身女子もいるのではないでしょうか。でも、実は年の離れた年下女子から学べることって意外と多いのです。

20代前半女子はアラサー独身女子とは違う恋愛観を持っています。従来の形にとらわれない斬新で自由な恋愛を楽しむ年下女子もいれば、人生設計を具体的に立てているしっかり者の年下女子だっているでしょう。

そんな彼女たちの話に耳を傾けることで、今まで自分がいかに狭い恋愛観の中で生きてきたのかを知るきっかけが見つかるかもしれません。

また、若いからこそ出てくる年下女子の発想やストレートな意見は、自身の恋愛や仕事、さらには人生観について新たな発見のきっかけを与えてくれるはず。20代前半女子との会話にはアラサー独身女子が大きく変われるヒントが隠されているのです。

異業種の世界で働く女友だち

仕事を通して、異性との間に恋愛感情が芽生えることは珍しくはありません。特に同業者同士は、お互いに仕事の苦労や悩みを分かち合えるので、短時間で意気投合ができるでしょう。

ただ、そのようなメリットがある反面、同業者だけの世界で生きていると、当然のことながら、出会いの数も限られてきます。また、噂なども出回りやすいので、思いきった行動ができない場合も。

異性との出会いを増やしたいのであれば、異業種で働く女友だちとの交流を増やしてみましょう。異業種に就く女友だちは、自分が出会う機会のなかった異性と知り合う懸け橋になってくれます。

出会いの機会が増えるのはもちろん、今まで周りにいなかったタイプの異性と出会うことにより、自身の恋愛観にも変化が表れるかもしれません。

さまざまな人生経験を積んできたアラサー独身女子は、自分自身のことは自分がいちばん理解している、と思ってることでしょう。でも、実はまだ気づいていない自分の一面が隠されている可能性もあるのです。

特に人間関係においては、「私はこういう人間だからこのタイプとは合わない」と決めつけていた相手が、意外と自分にとって一番の良き理解者となるなんて場合も珍しくはありません。

これからは、今までいなかったタイプの女友だちとの交流を広げてみてはどうでしょうか。それが自身の仕事や恋愛、価値観を広げるきっかけになるかもしれませんよ。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ