デキる大人の女になる!新入社員が憧れる先輩女子の条件4つ

毎年四月には、多くの新入社員が職場にやってきます。社会人一年生の彼らに比べて、少しは経験を積んだはずの自分。しかし積み重ねた日々が自信につながっているかどうか、不安になることもありますよね。

新入社員に「あの先輩、仕事できない」と思われたら最悪です。新入社員に尊敬される先輩になるには、どうすればいいのでしょうか。

そこで以下に、後輩から尊敬される先輩像を紹介します。新入社員が入るこの機に、社会人としての自分を一歩成長させてみては? 

メリハリがあって集中力が高い

基本中の基本ですが、いい仕事をするためには集中力が大切です。社会人一年目の新入社員は、どこで集中し、どこで気を抜くかのタイミングがわかりません。その結果、ムダに精神が疲労していざというときにスタミナ切れ……ということにも。

仕事慣れしている先輩ならば、仕事のポイントをきちんとおさえ、緩急をつけて集中力を持続させることができるはず。社会に出て数年たつ今ならば、意識して集中するタイミングもわかるはずです。「あの先輩、すごく集中力が高い!さすがだな」と後輩からの賞賛を受けることができるかもしれませんよ。

集中力アップのために、日々の睡眠はしっかりと取ってくださいね。

いつも仕事を正確にこなす

仕事ができる先輩女子として、正確さも大切です。スピードだけを重視してこなすと単純なミスを引き起こしやすくなるもの。いつもミスのない仕事をすることで、職場での信頼度はぐんと上がるはずです。どんな仕事でもこまめにチェックをし、しっかり確認するだけでもミスは減らせます。

また、新入社員の中には仕事に対する責任感が薄い人もいるかもしれません。慎重にチェックを重ねてミスを見逃さないあなたの姿勢は、後輩のいいお手本になります。

大人女子らしい言葉づかい

社会人として、丁寧語・尊敬語・謙譲語などの使い分けはしっかりと把握しておきましょう。若者言葉のように崩れた日本語を平気で使っていては、頼れる先輩とは言えません。「拝見します」「かしこまりました」などビジネスで使う言葉は、考えずとも口から出るほどに浸透させるべき。

正しく美しい言葉づかいをすることは、対人関係で大いに役立ちます。「ビジネスマンの話し方講座」などという講習会もちょくちょく耳にするようになってきました。言葉づかいに自信のない方は、そういった講習会を利用してみるのもおすすめです。

凛とした姿勢

「美人なのにもったいない」と思われる女性の多くに共通するのが、姿勢が悪いこと。姿勢が悪いだけで残念な女に成り下がってしまうのです。ビジネスでも、見た目や姿勢はそのまま仕事内容や人柄と解釈されることが多いもの。

猫背でだらしなくパソコンをのぞき込む仕事態度では、どんなに多くの仕事を正確にこなしたとしても、後輩からの敬意を勝ち取ることはできないでしょう。心当たりのある女子は、へその下にしっかりと力を入れて、姿勢を正してみてください。

年齢を重ねると、「内面は外見に表れる」と考えられています。凛とした姿勢でいれば、後輩たちは勝手にあなたの内面を予測し、好印象を持つはず。同じ仕事をするのなら、正しい姿勢でいたほうが確実に評価が上がります。

憧れの先輩目指して、今日から努力を

先輩女子といっても、同じ人間です。人間同士の間に尊敬が生まれるためには、日々の努力の積み重ねと気配りが大切ではないでしょうか。年功序列も今は昔。単に先輩というだけで尊敬を勝ち取れる時代は終わったのです。

新入社員から「仕事ができる先輩」「憧れの先輩」と思われるために、日々の見えない努力を大切にしましょう。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ