fbpx

ネガティブ女子はモテない!女子を苦しめる「おデブ暗示」って?

女子の集まる場所でよく耳にする「私太ってきたかも……」という言葉。そんなことを言っている人に限って「どこが太っているの?」と私は疑問を感じます。

きっと皆さんもかかってしまっているんじゃないでしょうか?「おデブ暗示」に。
私の経験を元におデブ暗示について考えてみたいと思います。

身長-体重=85kg以下で「私は太っている」は立派なおデブ暗示

太っている状態というのは、誰がどう見ても普通体型の人のサイズを大きく上回っている状態を指すと思います。

私の経験上、身長-体重=85kgを超えるまでは、周囲から「太ってるね」と言われることはありませんでした。身長-体重=85kgを超えたあたりから、まずは家族から「ちょっと太ってきたんじゃないの?」と言われ始めるようになりました。

このことから、身長-体重=85kg以下の体重で「私は太っている」と思っている人は、おデブ暗示にかかってしまっているだけと言えます。おデブ暗示にかかると、太っている……痩せなくては……と焦りを感じ、過度のダイエットに走ってしまう人や、自分に自信がなくなりどんどんネガティブな方向に気持ちが向いてしまうことになりかねません。

女子の会話では、お決まりのように太ってもいないのに「私太っているから……」という会話が出てきます。ですが、本当に太っている女子は「太っている」と自分からはあまり言わないものです。私自身も「太っている」と自分で言うと認めてしまったようで嫌なので、あまり言わないようにしています。

街中のアパレルショップで服が買えるレベルはおデブではない

身長-体重=85kgを超えるまでは、一般のアパレルショップで販売されているお洋服は、ほとんど着ることができました。そのため服に困ったことはありません。

お店で販売されているお洋服はS・M・Lの間がほとんどでしょう。この3サイズの間で収まっているのであれば、普通体型です。まだまだおデブへの道は遠いです。

ですが、私も身長-体重=85kgを超えたあたりから、だんだん普通のお店でお洋服を買うことが難しくなり始めました。大きいサイズ専門店やネットで大きいサイズを販売しているサイトを利用しなくてはいけなくなってきました。この状況になったら立派な「おデブ」です。自分でもこれはおデブだと確信することができます。

せめて普通のお店で買えるお洋服を着れるサイズで体型を維持し続けるようにすると考えたほうがいいですね。

“病気っぽい”よりも健康的なほうが断然イキイキ女子に見える

私は昔から肉付きのいい体型でしたが、健康的でイキイキして見えるね!と言ってもらえることが多かったです。逆に、私の友人はガリガリで痩せすぎ体型でしたので、「体が折れそうだね」とか「病気がちじゃない?」など心配される声が多いことを気にしていました。

健康的であることは生きる上でとても大切なことですね!私はおかげ様で大きな病気にかかることもなく、ちょっとやそっとでは風邪もひかない健康な体でした。イキイキ女子に見えるほうが友人からの遊びの誘いが多くなったり、そうすると外に出向く機会が増えるので出会いの面が多くなったりといいことがたくさんありました。

無理に痩せよう!だなんて考えず、まずは「本当に自分は痩せないといけない体型なのか?おデブ暗示にかかってるんじゃないか?」と自分としっかり向き合うことが大切だと思います。

今私は、体重がかなりオーバーし100kg近くあるので、逆に痩せないといけない暗示をかけようと頑張っています。

私のような体型でない限り、「自分は太っている」と悩むことはありません!自分に自信をもって、前向きな人生を送れるようにしてくださいね。

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板