本当に勝ち組?理想の結婚相手の年収600万円代リアルな家計事情

「夫の年収1000万円ではVERY妻になれない?プロに聞くリアルなお金事情」で年収1000万円世帯のリアルな暮らしをお金の面から紹介しましたが、年収1000万円のハイスペ男子を掴まえられる女性はほんのわずか。

それでも一般的に理想の結婚相手の年収として「最低でも年収600万円以上」という条件がよく挙げられます。

では年収600万円世帯の暮らしはリッチなのか?リアルな経済事情を、ファイナンシャルプランナーの田中祐之さんに伺いました。

年収600万円代の暮らしはリッチ?


― 年収1000万円の暮らしでも、そこまでセレブではないことを前回教えていただきましたが、理想の年収に挙げられる「年収600万円代」の男性と結婚した場合の暮らしは、どのようなものになるのでしょうか。

田中さん「では、今回も生涯のキャッシュフローをシミュレーションします。このような条件で考えてみました。

・年収 600万円
・住宅 2500万円のマンション
 (ローンで月々85,000円、金利1.5%、30年ローン)

・生活費 月25万円
・奥さんは専業主婦
・子ども2人。中学まで公立、高校と大学は私立。
 (1人あたりの教育費総額は1000万~1300万円)

・車は200万円前後の普通車を12年ごとに乗り換え

このような条件で計算すると、旦那様が定年退職した段階で家計は毎月赤字になってしまいます」

― 決して贅沢な暮らしをしているようにも見えませんが、それでも将来的には生活が厳しくなるのですね。とはいえ、年収600万円以上稼げる30代男性は少数派。近年では男性が「年収が低いから結婚できない」と嘆くのも分かるような気がします。

田中さん「女性だって、お金で男性と結婚するわけではないのだから、足りなければ奥様も働いて世帯年収を上げる方法もあるでしょう。それに何もかも我慢する必要もありません。

年収が600万円に届かなくても、節約できるところは節約して、出ていくお金を減らす対策もできます。

たとえば、旦那様のタバコ代がかさばっているなら禁煙してもらう。食費もなるべく自炊。通信費も格安スマホに変えるなどして、月々頑張って浮かせたお金を投資へと回してみてはいかがでしょうか。

月3万円の貯蓄だと、年間で36万円。30歳から定年まで30年間続けたら1080万円。さらに3%の利回りの投資で1740万円になります」

貯蓄の基本は、お金の入口と出口の管理


― 月3万円でも、長い目で見れば馬鹿にならない金額ですね。

田中さん「貯蓄の基本は、収入や投資などお金が入ってくる“入口”と、消費や支出などお金が出ていく“出口”の管理を意識すること。貯蓄を増やすために投資で増やしていくことは大切ですが、ハイリターンな金利は必ずリスクがつきものです。

まずは“出口”対策として食費、光熱費を少しでも節約し無駄な買い物はしない。ほんの少しの積み重ねが貯蓄を生み、“入口”対策の投資へとつながっていきます」

― 日々の節約以外にも、家計を赤字にしない方法はあるのでしょうか。

田中さん「今回のキャッシュフローの計算では、2500万円の住宅を購入しています。しかしローンを組む時に、定年退職した後も年金でローンを払わなくてはならない組み方をすると、とても危険です。住宅ローンは定年までに支払いを終えることが鉄則です」

― マイホームを持つなんて夢のまた夢のようですね。

田中さん「そんなことはないと思います。近年では新築の準注文住宅(セミオーダータイプの住宅)等なら、やや郊外で最寄り駅から少し遠かったり土地が狭いなどの制限はありますが、2000万円程度で購入することもできます。

年収が600万円に届かなくても、経済状態に合わせて無理のない範囲でマイホームを持つこともできるでしょう。実際に私のお客様でも世帯年収が600万円未満の方もいるし、お子様をきちんと育てながら、マイホームも購入して、幸せに生活されていらっしゃいます」

結婚してからも働くほうがお得?

― 年収と幸せは必ずしも比例するとは限らない、と。年収600万円以上にこだわらなければ、結婚相手の候補にも幅が広がりそうですね。

田中さん「先ほども申し上げましたが、収入が足りなければ奥様も働いて世帯年収を上げればいいのです。旦那様の扶養に入っているなら、配偶者控除である年間103万円までは所得税がかかりません。

もちろん旦那様と同じようにフルタイムでバリバリ働いてもいい。その場合は将来の厚生年金で圧倒的に恩恵がありますから、つまりは結婚してからも何かしらの形で働き続けるほうが、家計的にも将来的にもメリットは大きいのです」

取材協力:ファイナンシャルプランナー 田中祐之
三井生命保険株式会社に所属するファイナンシャルプランナー。企業経営者だけでなく、ファミリー、ディンクス、シングルなど、あらゆる層のお金の相談を担当。1973生まれ。家族構成は、妻・息子(18歳)・娘(15歳)。趣味は料理とお菓子作り、子どもとウサギが好きという女子力高め(?)な一面も。

「将来や夢、お金について真剣に相談できるところは少ないのではないでしょうか。お話を聞かせていただき、希望に合わせてお役に立てるよう提案をさせていただきます。ぜひお気軽にご相談ください」

■問い合わせ
三井生命保険株式会社 PMMサービス事業部東京営業第3課
http://www.mitsui-seimei.co.jp/pmm/
TEL 03-6831-8753
FAX 03-5564-0686
MAIL HiroyukiA_Tanaka@mitsui-seimei.co.jp

この記事どうだった?
  • いいね! 
  • イマイチ...... 
この記事を読んだ人におすすめ

【関東人女子限定】結婚相手の男性に求める条件はなんですか?

アンケート結果だけをみる

読み込み中 ... 読み込み中 ...