恋のチャンスを逃す、食べ物の好き嫌い

実は、食べ物の好き嫌いで、人間性を見られています。 あなたが知らない間に、恋愛対象外になっているかも。 健康の為だけでなく、恋愛の為にも好き嫌いは無くした方がベストです。

行動心理学から見る、好き嫌い

パーティや合コンなど、沢山の人が集まる場で、「私、コレ嫌い」という発言は、かなりマイナスです。

「嫌い」という言葉自体がマイナスイメージを生み出しますが、それ以上にマイナスなのです。

好きなものを拒まれるのは、誰しもが嫌う行為。食べ物でも同じです。

そこに並べられている料理は、口に入れても大丈夫なものばかりなのに、それを拒む行為は、行動心理学上、人間関係も拒みかねない行為と言われています。

例えば、周りが散々勧めても、「食べられない、無理」と断り続ける人、どう思いますか。

頑固で意固地に見えませんか。

この「頑固で意固地」という印象を与えやすいのが、食べ物の好き嫌いなのです。

一度、融通の利かない女性というレッテルが貼られると、男性に嫌煙されます。

食べ物の好き嫌いがある為に、恋愛対象外にも成りかねないのです。

子どもっぽいイメージ

食べ物の好き嫌いが多い人は、子どもっぽい印象も与えます。 駄々をこねているように見えるのです。

「ニンジンが食べられない」 「ピーマン、嫌い」 「鶏肉のブニッとした感じが嫌だ」

どうですか。子どもっぽいでしょ。 現代の男性は、女性に対等な関係を求めるケースが多いので、子どもっぽいイメージは好感度減。

子どもっぽい=ワガママ、と捉えられます。 本人にそのつもりが無くても、食べ物の好き嫌いで、思わぬ印象を他人に与える場合があるとお忘れなく。

どうしても食べられない時の言い訳

努力しても、どうしても苦手な食べ物はあります。でも、勧められることがあります。

そんな時、「嫌い」や「苦手」という言葉で断るのではなく、「アレルギーがある」と答えてみてください。 断りの弁として、最も無難なものです。

この「アレルギーがある」というセリフは、多くの食物には通用しません。最終手段です。 なるべく、好き嫌いは無くす方向で。

☆ここで注意☆

口に入れて、ジャリジャリする感じを覚えたら、本当にアレルギーの可能性があります。

体が痒くなったら、ほぼ間違いなくアレルギーです。 これらの症状が出たら、無理をせず、一度、病院で検査をしてみてください。

一緒に美味しいご飯を食べたい男性

男性が一緒に食事をして楽しい女性は、何でも美味しそうに食べてくれる人です。

「美味しい」という嬉しい感情を共有出来るから、一緒にいて楽しいのです。

一方、「コレは嫌い」「アレも苦手」を連発する女性は、次からデートに誘いたくなくなるそうです。

デートに食事は付きもの。これが楽しくなければ、デートの楽しみも半減です。

彼女が食べられるものがあるレストランを探すのが面倒、という声も聞きます。

面倒な女は、恋愛対象外になりやすいですよ。

意外と食の好みは、恋愛を左右します。好き嫌いは無くすようにしましょうね。

よかったら「いいね!」を押してください
  • いいね!
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ