fbpx

美人でなくてもOK!年収1000万以上のハイスペック男性と結婚できる女性とは?

「やっぱり結婚するなら年収1,000万以上の高収入のハイスペック男性が良い!」と言って高収入男性を必死に探しても、その人に選ばれる女にならなければ意味がありません。

では一体どんな努力をすれば、高収入のハイスペック男性に結婚相手として選ばれるのでしょうか?

色気より癒し系

高収入のハイスペック男性はやはりコンパやパーティーなど、色気づいた女性に会う機会や、キャバクラなど着飾った女性が沢山いるお店に行く機会も多いもの。

また、それなりに今まで女にモテた経験がある彼らは、さんざん色気のある女性を見てきたので、結婚相手に色気は求めないのです。むしろ欲しいのは一緒にいたらホッとできるような癒し。

「コンパとかパーティーとかで、派手で色気のある女性は沢山会うけど、そんな人と毎日いたら疲れちゃう。家に帰ったらホッとできるような女性が良いな。」(31歳/広告)

「昔はグラドルみたいな女性を見たらものにしたい!って思ってたけど、結婚する相手がそんな人だったら気が気じゃない!」(32歳/IT)

もちろん、色気もある癒し系が一番なんでしょうが……!?

お金の管理をできる

高収入で、沢山のお金を抱えるハイスペック男性だからこそ、お金の管理をしっかりできる女性を好みます。収入を生み出すぶん、出ていくものも多いし、税金なども高いからです。

「毎日忙しいし、お金の管理が苦手だから、むしろ結婚した相手に財布の紐を握っていて欲しいです。」(34歳/経営者)

「結婚は、生活を共にするんだから、容姿とか性格とかの前に、お金に対してキッチリしている人が良いです。」(30歳/外資金融)

財テクや節約はビンボーくさい、と思っているあなたは、ぜったいに選ばれません。そもそも他人が稼いだお金で遊ぼうという発想がビンボーです。

家庭料理ができる

いい飲食店を渡り歩くハイスペック男性。そんな彼らが「ほっとする」「やっぱり外では食べられない」と絶賛するのが家庭の手料理です。

「今までの彼女の時は、浮気を普通にしてたけど、今同棲している彼女は料理が上手いから、浮気している暇があったら家に帰って彼女のご飯を食べたいと思うようになりました。」(31歳/不動産)

「大好物は彼女が作るイカと大根の煮物。薄味なのに旨い。食べたあとは体調も良くなる!」(29歳/IT経営)

「胃袋をつかむ」というのは使い古された言葉ですか、これは未来永劫変わらない事実。ハイスペック男性は、外食で良いものを食べる機会が多々ありますが、毎日美味しい高級料理を食べていたら体が疲れてしまいます。

家に帰ってご飯を食べたい、と思わせる美味しいご飯を作れる腕が必要なのです。

自分磨きをしている

どんな事でも良いので、常に高みを目指して自分を磨いている。男にも女にも重要な事です。特に高収入のハイスペック男性は、高収入をもらえるだけの努力をしてきた人。女性にしても、努力の姿勢が必要なようです。

「彼女は色々資格を持っているし、今も新しい資格にチャレンジしてます。やっぱり、常に高みを目指している女性は、結婚しても安心ですよね。」(27歳/コンサル)

「別に美人でなくても、常に美意識の高い人は、男性には考えられないくらい色々な努力をしてますよね。ヨガに通ったり、体に良いものを食べたり、自分に合う化粧品を探したり。そういう男にはできない努力をしている人は尊敬できるし、結婚したいと思います。」 (34歳/国家公務員)

「嫁さんが家で何やらやっているなぁ、と思ったら、アッという間に自宅キッチンでパン教室を開いて盛況になった。男にあれは出来ない。かなり尊敬した」(30歳/会社経営)

ハイスペック男性はそれなりのチャンスも与えてくれるので、遊びまわるだけでないやり手の女性には大きなメリットがありそうです。

実家がある程度お金持ち

ここで、ちょっとがっかりする事実もお伝えします。結婚相手の実家を気にするハイスペック男性も少なくないのです。

会社経営などのハイスペック男性は、ハイリスクを取っているぶん、何かが起きて自分の収入が減ったり、自分の生活水準を下げることもありえます。そんな時のリスクを考えて、いざと言う時に助けてくれそうな実家を持つ女性に惹かれるそう。

また、国家公務員や士業の堅い職業の男性は体面も気にします。

「それだけが重要じゃないけど、結婚となったらやっぱり相手の家族は気になりますよね。女性が気にするように、男性も気にするんですよ。」(34歳/広告代理店)

「自分の収入だけを期待されると困るので、ある程度ちゃんとした家の子でないと、結婚は無理ですね。仕事上きちんとしたうちのお嬢さんでないと周りとの付き合いに困るし。」(29歳/銀行)

さまざまな意見はありますが、このすべてを兼ねそろえた女性なんて、この世にほとんどいませんよね……自分が取り組めるところから、でいいのではないでしょうか。なにより、ハイスペック男性との結婚、という夢にこだわらず、長い人生を一緒により良くしていける相手を探しませんか。

この記事をマンガ化

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板