fbpx

本当の癒し系とは?彼の育った家庭から知る「理想の癒しポイント」

男性が、女性に対して求める要素の一つに「癒し」があります。ずっとラブラブ恋愛感情を持ち続けることは難しい部分もありますが、「家に帰って妻の顔を見れば、安心できる」そんな奥さんになれるとしたら、いつまでも人生のパートナーとして大切にされ、浮気される可能性だって下げられるはず。

癒し系とは、単にふわふわした性格のことではありません。気や口調が強くても、シャープな顔立ちでも、彼にとっての癒し系になることができます。

彼の育った家庭はどのタイプ?

彼の癒されポイントを見抜くには、家庭環境に注目するのが確実。彼が何に対して「癒される」と感じるのか、チェックしてみませんか?彼の「子供の頃のエピソード」の話題を振ってみましょう。

まずは話の内容によって「円満家庭」と「ちょっと微妙な家庭」に分かれるでしょう。

円満家庭タイプは放っておいても普段から家族の話をすることが多いですが、ちょっと微妙な雰囲気のおうちだった場合、彼が子供時代の話を話すには時間がかかるかもしれません。

円満家庭タイプ……「素直な感情表現」が癒し

円満な家庭で親の愛情を一身に受けて育った彼は、 自己肯定感が高めで屈託がなくガツガツしない愛されキャラ。兄弟の有無はあまり関係ない、というのが筆者の意見です。

家族関係に恵まれた彼は言葉の裏を読まず、ストレートな物言いをすることが多いようです。女性の強がりや遠慮を真に受けすぎたり「優しいけど気がきかない」とイライラされてしまうこともこのタイプの特徴。また愛に飢えた事がないため女性の寂しさには鈍感。

このタイプの彼にとっての癒しは簡単。嬉しい事・悲しい事はその都度はっきり意思表示していくこと。ストレートに愛情表現してそれを喜んでくれる女性が好き。

「連絡の頻度で愛を測る」とか「LINEはあえて既読スルー」とか、そんな小手先の技は使わないほうがいいでしょう。面倒くさい事(面倒な女含む)は嫌いなので「かまって攻撃」「泣き落とし攻撃」は逆効果。素直に朗らかに接してくれる女性が一番の癒しです。

 ちょっと微妙な家庭……「余裕のある受け止め」が癒し

両親が厳格だった、忙しく会話がなかった、兄弟と比較されて育った、など一見円満な家庭の中でどこか寂しい思いをして育ったタイプ。それほどオープンな性格ではないことが多いようです。

家庭環境が微妙だったのが「コンプレックスになってしまっているタイプ」と、「それをバネにしているタイプ」に分かれます。どちらも気を許しているとわかる態度や、彼の話に本音で鋭いツッコミを入れるなど「素の自分を出して嫌われるなら別にいい」的な余裕の態度で接する女子が好き。

変な気を使って必要以上に腫れものに触る様な対応はしないことが一番の癒しです。本気の好意があれば、早い段階で家庭環境などを打ち明けてくる傾向があります。それを受け止めてあげてください。

子どもの頃の話はちょっと笑える話、ヘビーではない失敗話など話しやすいものが多いはず。ちょっとした思い出話から彼のタイプを把握して上手に癒してあげてください。

 

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

たった一つの条件を捨てるだけで、みるみる理想の相手と出会える方法って?

  • この記事気に入った?
  • イマイチ...
    この記事を読んだ人におすすめ
    【コメント募集!】独女掲示板最新トピック