fbpx

百年の恋も一気に冷める!?絶対にやってはいけない「オバしぐさ」

ファッションやメイクを完璧にキメていても、なぜか老けて見られてしまう女性がいます。それはしぐさや姿勢が「オバ化」しているから。

あなたも知らぬ間に、男性に「おかん」を連想させてしまっていませんか。百年の恋も一気に冷める「オバしぐさ」をまとめてみました。

電車やバスで必死に空席を探す

毎日忙しく働く女子の中には、「電車の中は、貴重な休息タイム」という人も多いでしょう。しかし男性からは、こんな意見が。

「通勤ラッシュの時間帯に行列を押しのけて、空席を探している女性をみかけたことがあります。見苦しいし、おばさんっぽい感じがする」(24歳/サービス)

「電車の空席を巡る熱い戦いに、若い女性が参戦しているのをみると、萎えますね。美人でも、付き合いたいとは思わない」(31歳/デザイナー)

出会いのチャンスは意外と身近なところにあるもの。たとえ通勤時間でも、油断は禁物です。

無意識のうちに「よいしょ」と発する

あなたも身に覚えがあるかも知れません、体を動かすときに何故か出てくるあのセリフ。

「席から立ちあがるたびに『どっこいしょ』という職場のアラサー女性。低い声で唸るように『ふわぁ!どっこいしょっと』と言うので、もうアウトです」(28歳/IT)

「気になる女性の先輩と営業に行くことに。タクシーに乗るとき『んしょ』と、どさりとお尻を落としたのにはがっかり。あれ以来、彼女のお尻も大きくてもっさりしてると気づきました」(25歳/人材紹介)

ドアを開けるときに「よいしょ」。立ち上がったり座ったりするときに「よいしょ」。ちょっとした行動なのに、無意識のうちに「よいしょ」と言ってしまうことが増えていませんか。口癖になっている女性は、気をつけましょう。

ため息や独り言が多い

「期末のストレスがたまる時期には『あん?』とか、『あー!』とか、意味不明の音を発しながらキーボードに感情をぶつけて、がたがたと叩くお局様。みんな緊張します」(29歳/経理)

「職場にいつもため息ばかりついている女性がいます。夜遅くに静かな社内で『は~あ』と聞こえてくると、こちらの疲れも倍増するからやめてほしい」(33歳/営業)

疲れが溜まっているなら、自宅でしっかり休んで。不満が溜まっているなら、別のところで解消して。

ため息が習慣化されている人って、案外多いもの。知らないうちに周りを不快な気分にさせないように、気をつけたいですね。口からフゥっと息が出そうになったら、ゆっくりと深い腹式呼吸をすると、気持ちが落ち着くでしょう。

マッチョにすぐ触る・ウケると手をたたく

「合コンで出会ったアラサーの女性に『私まっちょの人が好きなんです~』といきなり体をベタベタ触られた。異性の体に触れることに恥じらいがない感じが年齢を感じさせますよね」(30歳/フリーランス)

ボディタッチも行き過ぎると、図々しい&軽い女というイメージを与えかねないかも。

飲み会やコンパで、場の雰囲気を盛り上げようと、ついやってしまう「笑いながら手を叩く」というしぐさも要注意です。これには、

「盛り上げてくれるのはうれしいんだけど、女性らしさが感じられない気がします」(32歳/医療関係)

という厳しい意見が集まりました。「なんだか身に覚えがある……」といくつかチェックがついてしまった人もいるのでは?ちょっと気を抜いた隙にしぐさからオバ化してしまわないように、たまには自分を客観的にみてみることも大切ですね。

【あわせて読みたい】
婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」とは?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板