fbpx

会社帰りに星空の下で婚活!この夏はグランピング&BBQパーティ合コン!

静かなブームになりつつある「楽ちんグランピング&BBQ合コン」。仕事の後に手ぶら&普段着で集合すれば、星空の下にはおいしいお酒とBBQセットが用意されている……あとはみんなでワイワイ楽しむだけ、というもの。本格アウトドア志向の人でなくても、これなら気軽に楽しめて出会いも広げられそうですよね。今回、そんなグランピングのバーベキュー合コンに毎週通ううち、それが縁で彼氏ができたという女子(31)に話を聞きました。

BBQは普通の合コンよりキャラがわかる

お手軽になった、とはいっても肉を焼いたり後片付けをしたりする必要のあるBBQは男子を品定めするのにぴったり。座って黙っているだけというわけにいかないので、よく働くタイプは自然と人気者に。ほかにも仕切屋だ、とか、目立たないけどサッと気遣いをするなど、その男子の特徴がハッキリと伝わります。

「彼は、2回目の時に知り合った男性(29歳/SE)の元職場の人が連れてきた30歳の人です。アウトドアが趣味と言うだけあって、すごく手際が良いので全部お任せしちゃいました。彼はわたしの友だちにも紳士的で、友だちがキャベツなどが入ってる重そうな食材を運ぼうとした時に、『いいよ』と言ってさりげなく自分が運んだりしていたんです」

自分の友だちにも分け隔てなく親切だったり紳士的な人なら、それが彼の人柄だと判断できますね。

メンバーをこまめに追加して定例会にする

たった1回のBBQで連絡先交換にいたるのはなかなか難しいもの。そのためにも定例会にしてしまうのがおススメです。グランピングならいま話題なので、女友だちを誘いやすい点も魅力ですよね。

「今日は日程が合わなくて来られなかった友だちもいるので、ぜひ次回もやりましょう!と言って、次に繋げるようにしていました。あと、普通の合コンだと女友だちを誘っても、『あの雰囲気が苦手だから……ごめん』とか言われて断られちゃうこともあるんですが、バーベキューだとそういう理由で参加を拒否されることも少ないです」

「以前、ドタキャンなどが重なり人数合わせがうまくいかず、女性7人男性2人という比率で行ったことがあります。女友だちには、不思議な会だね(笑)と言われてしまいましたが、アウトドアだとまぁいいかな~って気になれます。でも、これが合コンだったらそうはいかないですよね。」

出会いを強調しすぎないからできる集まり方ですよね。ちなみに、この男女バランスの悪かった日にカップルが誕生したこともあるんだとか。

続けていくための仕込みを欠かさない

BBQの本場アメリカではBBQを楽しみつくすためにBBQ料理の専門家がたくさんいて、クッキング本を出したり、全米コンテストを催したりしています。こういう専門家のウェブサイトをチェック。目新しくて派手なメニューをネットなどで仕入れておいて、+αでちょっと持参するとか、肉を焼くときのコツをちょっと勉強しておくなどが場を盛り上げます。

おいしいワインの差し入れなども気が利いています。楽器の持ち込みがOKな場ならウクレレを1~2曲勉強しておくのもアリかも。

1回1回は直接的な出会いに結びつかなくても、普段知り合うことのない人と繋がれる機会を大事にしていくと仕事にもプラスになったりするものです。仲間を誘いやすく、気軽にアウトドアを楽しめるという点でオススメのグランピング&BBQ合コン。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

婚活のプロが明かす、結婚できる女とできない女の「決定的な違い」

妥協したくない!アラサーが条件で結婚相手を選べる確実な方法って?

この記事を読んだ人におすすめ
SNSでは言えない本音が語れる匿名掲示板